【レビュー】ユニクロ+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート【2021秋冬】

ユニクロ+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート

11/12(金)に、ユニクロとジル・サンダーのコラボ「+J」の2021年秋冬コレクションが発売されました。
2020年の秋冬からはじまった+J第2期ですが、今回をもって一旦終了とのこと。

最後の+Jということで、非常に人気が高まっている今回のコレクション。
その中から私が購入したのは「ウールブレンド オーバーサイズピーコート」です。

最近少しピーコートの流行りが来ているようですが、それとは関係なしに、個人的に昔からピーコートのデザインが好きでよく着ていました。というかピーコートって基本的にいつの世でも定番ですしね。

今回は、+Jのウールブレンド オーバーサイズピーコートについて解説していきます。

オンラインで買うにあたりサイズで悩む

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート ネイビー(69 NAVY)
¥25,900(税込)

2020年秋冬のときは、オンラインはつながらず店舗も相当混雑するなど、てんやわんやの状態でしたが、今回はそれほどの混乱はありませんでした。

オンラインストアのサーバーが落ちることもなく、即売り切れになるものもほとんどなかったです。ユニクロはおそらくかなりの数を用意していたのではないかと推測しています。

というわけで狙っていたウールブレンド オーバーサイズピーコートのネイビーをあっさり買えたわけですが、オンラインで買うにあたって悩んだのはサイズです。ワタクシ基本的に試着をしてサイズ感をしっかり確認してから買うタイプなので。

172cm/70kg。ユニクロではLサイズを買うことが多いです。
しかしこのピーコートは商品名にあるようにオーバーサイズ。いつも通りLを買っていいのか迷うところです。

こういうときの解決法としてオススメなのは、ユニクロでサイズの近いコートをあらかじめ試着しておくことです
今回はインラインのステンカラーコートで確認しておきました。

そして選んだのはMサイズ
Lサイズだと袖が少し長すぎなのと、あとはピーコートをあまりオーバーサイズ感を出して着たくないというのが理由です。
個人的にウールコートをダボダボに着るのはあまり好きじゃないんですよね。

話はそれますが、オンラインでコートを買うと結構しっかりしたハンガーが付いてくるのがありがたいです。クローゼットにしまうときにそのまま使っています。
ただこのハンガーが同梱されていないパターンもあるみたいです。運次第なんですかね。

同梱のハンガー

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコートのディテール

艶のある生地

素材はウール78%、ナイロン22%。nikke社のウールブレンドメルトンです。
表面に軽い光沢があり、高級感が感じられます。ネイビーも非常に深みのある色合いです。

事前に動画で見たときは、もっと薄手のテロテロした感じなのかなと思ったのですが、実際はしっかりとした厚手の生地でした。
重量感はそれなりにありますが、メルトンのコートは基本重いので、まあこんなものかなと。

裏地はテカテカしたナイロン地で、中綿が入っています。

テカテカな裏地

ウールのコートは意外と寒く感じることがありますが、このピーコートは中綿があることで空気の層ができ、防寒性が高まっています。
中綿はそれほど多くなく、着膨れするようなことはありません。

ポケットは、左右のマフポケットのほかに胸裏にもあります。
マフポケットの上下にある三角形のステッチは、ピーコート定番のディテールですね。

マフポケット(ハンドウォーマーポケット)

ボタンはピーコート定番の錨マークのボタンではなく、普通のタイプのものになっています。

ボタンに装飾はなし

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコートを着てみた

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート-着画1

172cm/70kg Mサイズ

Mサイズの仕上がり寸法は以下のようになっています。

着丈:78cm
肩幅:52cm
身幅:60cm
裄丈:87cm

私の体格でMを着るとオーバーサイズ感はまったくなく、ジャストな感じになります。
Lだと多少ゆとりは出ますが、裄丈が2.5cmアップするので、袖が少し長くなってしまいます。

コートの袖の長さというのは、ぱっと見の印象に影響を与える結構重要な要素なので、コダワリたい部分です。

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート-着画2

ジャストな袖の長さ

背面の裾はノーベントです。個人的にはベントをつけてほしかったですが、オーバーサイズなのでいらないと判断したのかもしれません。

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート-着画3

背面の裾はノーベント

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート-着画4

襟をふんわり立たせると首まわりに立体感が出ます

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート-着画5

ボタンをすべて外してラフに着るのもアリ

下襟を閉じて防寒性を高めることもできます。
チンストラップはついていません。

+J ウールブレンド オーバーサイズピーコート-着画6

襟を閉じて着用することも可能

過去の+Jのピーコート

ユニクロ+Jの第1期は、2009年秋冬から2011年秋冬のあいだの5シーズンでしたが、その間にメンズのピーコートが2回出ていたような記憶があります。

1回目のピーコートは、当時のトレンドを反映したタイトなショートピーコートで、個人的に短いピーコートに惹かれなかったのでパスしました。

2回目は2011年秋冬に出たものです。そちらはそれほどタイトではなく着丈も長めで、杢(もく)っぽい色味も好みでした。

ユニクロ+J2011FW ピーコート

値段は19,900円でしたが、限定価格で14,900円で買った記憶があります。たしかそこからさらに下がって12,900円くらいになっていたような。

このことからわかるように、+Jも第1期の最後のほうはそこまで大人気というわけでもなかったんですよね。
少数の注目アイテムは早めに売り切れて、あとのものは限定価格まで残る、みたいな。

+Jのブルー系のピーコートを持っているのに、なぜ今回またピーコートを買ったかというと、自分の体型の変化に原因があります。

ユニクロ+J2011FW ピーコート-着画

パッツンパッツン

めちゃくちゃピチピチです……。
そこまでタイトなコートではなかったのに。
この間せっせと筋トレしていたんですよね。今のオーバーサイズのトレンドはありがたいです。

あとがき

今回紹介したウールブレンド オーバーサイズピーコート。オーセンティックなデザインで、個人的にすごく気に入っています。

今回はピーコートのほかに、イージーワークパンツとドライスウェットシャツ(長袖)、カシミヤニットキャップも購入しました。近いうちにレビューするので、ぜひご覧ください。