結婚式の男性の服装マナーを2分で簡潔にすべて教えます!

新郎新婦と友人-2

友人や知人の結婚式に招待されたときに着ていくべき、フォーマルにのっとった男性の服装について解説します。

ここで紹介している服装のマナーをおさえておけば、式場で恥をかくことは絶対にありません。

スーツ

結婚式用のネイビースーツ

招待状に服装が指定されていない、あるいは「平服でお越しください」と書いてある場合は、スーツで行きましょう。
シングルでもダブルでもかまいません。

色は黒、ネイビー、チャコールグレーといったダークトーンのスーツが定番です。

シャツ

結婚式用の白シャツ

スーツのなかに着るシャツは、無地の白を選択します。
フォーマルではシャツの色は白が原則です。

襟は、セミワイドなど広めのものでも許容されます。ボタンダウンはカジュアル感があるので避けましょう。

ネクタイ

シルバーのネクタイとネイビースーツ

ネクタイはシルバー系が定番です。真っ白なものは最近はあまり使われていません。

堅苦しくない式でしたら色つきのものでもOK。派手すぎない明るい色がオススメです。
NGは葬儀を連想させる黒。

ポケットチーフ

スリーピークスに折ったポケットチーフ

スーツの胸元をポケットチーフで華やかに飾りましょう。

ポケットチーフの素材はリネンで、色は白、折り方はスリーピークスで
そこまでかしこまりたくないなら、シルクのものを使ったパフドスタイルなどでもOKです。

靴とベルト

ストレートチップの黒い革靴

靴は黒の内羽根式ストレートチップが定番です。
冠婚葬祭すべてに使えるので非常に便利です。
茶色い靴でも許容される時代ですが、足もとはしっかりフォーマルにきめましょう。

黒い革のベルト

ベルトは靴に合わせて黒。素材は革で。

クラッチバッグを持つ男性

フォーマルの場では基本的に鞄は持たず、スーツのポケットで対応しますが、どうしても入りきらないときはクラッチバッグを使いましょう。
色はダークトーンのもので。

コート

チェスターコートを着た男性

寒い季節に行われる結婚式の場合、着ていくコートの種類はもっともフォーマルなチェスターコートがオススメです。

結婚式の場合はクロークにコートを預けるので、コート姿を人に見られる機会は少ないと思いますが、人に見られる見られないに関係なくフォーマルなスタイルを貫く、そうした心構えが、その人の佇まいにも表れてきます。

袱紗(ふくさ)を忘れずに

ご祝儀袋は裸のままスーツの内ポケットに入れずに、袱紗に包んでいきましょう。
受付の前で「本日はおめでとうございます」とひと声かけた後に、袱紗から取り出して渡すようにします。

色は紫を選べば、結婚式でも葬儀でも使えるので便利です。

慶弔両方で使用できます。社会人必携の一品。

 

以上、結婚式の服装のマナーについてでした。
もっと詳しく知りたいという方は、それぞれの項目のリンクを参考にしてみてください。

SNSでこの記事をシェア