【筋トレ】ダンベルトレーニング用のベンチ(フラット/インクライン)の選び方

ダンベルベンチプレスをする男性

家トレをするにあたって、ダンベルとセットで必要なのがベンチです。

たとえばダンベルを使って胸を鍛えようと思ったときに、ベンチがなくても床に仰向けになってダンベルを持ち上げることで大胸筋に効かせることができますが(フロアプレス)、ダンベルを下げたときに肘が床についてしまうのでどうしても可動域が狭くなり、筋肉に十分な刺激を与えることができません。

ベンチがあれば、肘を体よりも下に降ろすことができて大胸筋を効率良く鍛えることができますし(ダンベルベンチプレス)、ベンチを使ったさまざまなトレーニングもできるようになります。

スポンサーリンク

ベンチの種類

トレーニング用のベンチの基本は「フラットベンチ」です。

フラットベンチはその名の通り平らなベンチのことで、長さは110cm〜、高さは43cm〜が一般的なサイズです。

フラットベンチのバリエーションとして、上半身の角度を変えられるベンチもあります。
上体を起こす形になるのが「インクラインベンチ」で、頭が下がる形になるのが「デクラインベンチ」です。

ベンチに角度をつけることによって、ベンチプレスで負荷を与える大胸筋の箇所を変えることができます。

このほかに、フラットベンチに足をかけるパーツをつけて腹筋をできるようにしたシットアップ機能つきのものや、プレートをつけてレッグカールができるものなど、多機能なマルチタイプのベンチもあります。

オススメのベンチ

幅: 38.5cm
長さ: 105cm
高さ: 43cm
重量: 11kg

組み立て不要のワンタッチ折りたたみ式のフラットベンチです。

省スペース性にすぐれているだけでなく、耐荷重も300kg(体重込み)と、家トレには十分な頑丈さを持っています。
トレーニングを終えたら折りたたんで壁に立てかけておけば、部屋が狭くても邪魔になりません。
5,000円台で買えるのも魅力です。

 

幅: 48cm
長さ: 128cm
高さ: 46~109cm
重量: 21.5kg

シートの角度を40段階調整可能な、インクラインベンチです。フラットベンチとしても使用可能です。

耐荷重は300kgと、高重量なトレーニングにも対応できます。
脚にハンドルとキャスターがついているので移動も簡単です。

まとめ

省スペース性と低コストを求めるなら折りたたみ式ベンチで、部屋に余裕があってトレーニングするたびにベンチを片づける必要がないなら可変式インクラインベンチがいいと思います。

上で紹介したベンチはどちらもコストパフォーマンスにすぐれた商品なのでオススメです。

ダンベルだけでいろいろ工夫するのもいいですが、ベンチがあればトレーニングが本当に快適になるので、投資をする価値はあると思います。

家トレ初心者がそろえるべき器具 – ダンベル片手30kgが必要な理由

 

スポンサーリンク