パワーグリップの使い方 – デッドリフトの握力補助【筋トレ】

パワーグリップの使い方

みなさん、パワーグリップを使っていますか。

私は使っています。

パワーグリップとは、デッドリフトなどプル系の種目を行う際に握力を補助する器具のことです。また、プレス系の種目のときにグリップを安定させるためにも使われます。

素手でやれば握力も鍛えられて一石二鳥だぜ、と思う方もいるかもしれませんが、重量が増えてくると鍛えたい部位の筋肉を追い込む前に握力がなくなってしまいがちです。パワーグリップを使って握力を補助することで、より効率的なトレーニングをすることができます。

マイプロテイン パッド付き リフティング グリップ

今回は、マイプロテインの「パッド付き リフティング グリップ」を使って、パワーグリップについて解説していきます。

パワーグリップの使い方(デッドリフトの場合)

まずはパワーグリップのベロを手のひら側にして、手首のところをマジックテープでとめて装着します。

パワーグリップの装着

手首に巻く

バーを手のひらとパワーグリップで包むようにして握ります。

パワーグリップの握り方-1

手のひらとベロのあいだにバーを入れる

パワーグリップの握り方-2

ベロごと握る

親指もしっかりと握り、そこからバイクのエンジンをふかすような感じでバーをギュッギュッと握り込めば準備完了です。

パワーグリップの握り方-3

ギュッと握り込む

試しにあまり指に力を入れずに持ち上げようとしてみてください。ベロのグリップ力でバーと手は離れず、手首が引っ張られるような感覚になると思います。
これでバーベルを持ち上げたときに、握力を消耗することなくトレーニングをすることができるようになります。

鉄棒などで懸垂する場合も同様に、手のひらとベロでバーを挟むような形で握りましょう。

よくある間違いが、ベロの部分を手のひらにそわせて、そのままバーを握ってしまうパターンです。
これだと手のひらを保護することはできますが、握力補助にはなりません。

パワーグリップの間違った握り方

握力補助にならない握り方

ベンチプレスでパワーグリップを使う

ベンチプレスの場合は、パワーグリップのベロを手のひらにそわせて使う方もいるようですが、私の場合はベンチプレスでもデッドリフトと同じように包み込む握り方をして使っています。そうすることでグリップがしっかり固定されバーが安定して、プレスすることだけに集中できます(どちらでもOKなのでやりやすいほうを選択してください)。

パワーグリップをベンチプレスで使用

ベンチプレスのときの握り方

また、パワーグリップの手首の部分がリストラップ代わりになり、手首の保護にも役立ちます。まあこれに関しては簡易的な役割にすぎないので、手首を痛めている人はちゃんとしたリストラップを使ったほうがいいです。

マイプロテイン パッド付きリフティンググリップのメリットとデメリット

私は現在マイプロテインのパワーグリップ「パッド付き リフティング グリップ」を使っていますが、長らくこのアイテムを使ってわかったメリットとデメリットがあります。

メリットはなんといっても安いことです。

定価2,790円と、Amazonで探せばもっと安いものはありますが、みなさんご存知のようにマイプロテインは大型セールをしょっちゅうやっているので、それに合わせればかなりの安値で買うことができます。

使い心地も悪くなく、しっかりと握力の補助をしてくれます。

一方、デメリットは耐久性です。
公式サイトのコメントだとマジックテープの耐久性に言及しているものもありますが、個人的にマジックテープの部分はまったく問題ありませんでした。

耐久性に難があったのはベロの部分です。
2年ほど使った結果、片方のベロの真ん中の縫製してある部分が徐々に裂けてきました(その後、同じものを再購入)。疲れてきたときにパワーグリップに強い負荷がかかるような使い方をしたのがまずかったのかも……。

いきなり真っ二つに切れるということはなく、端の部分に亀裂が入ったりするなど必ずその前兆があるので、そういう状態になったら使用するのを中止しましょう。

縫製部分のサイドから徐々に裂けてきました

あと袋から出した直後のゴムの臭いが結構強いです。
風通しのいいところに干しておけば、数日で気にならなくなるレベルまで臭いは減ります。

マイプロテイン パッド付き リフティング グリップ
販売: マイプロテイン
コスパに優れたパワーグリップ。
セール時に試しに買ってみるのもアリ。

 

高品質のものを長く使いたい、という方は、ゴールドジムのパワーグリップがオススメです。