ユニクロのセルフレジの使い方 – 画像付きで詳しく解説!

ここ数年ユニクロはセルフレジ化を進めており、セルフレジしかない店舗も増えてきました。
しかしセルフレジというのは、はじめて操作する人には心理的なハードルが高いものでもあります。

今回は、ユニクロのセルフレジの使い方について解説していきます。

セルフレジの手順

1. 商品をセルフレジ右側のスペースに置く

ユニクロのセルフレジ-右側のスペース

商品をカゴに入れたままでも直接置いてもどちらでもOK。
ハンガーはレジの近くにラックがあるのでそこにかけておきます。

2. 画面の「お会計をはじめる」をタップする

ユニクロのセルフレジ-会計をはじめる

手順1と2はどちらが先でも問題ないです。

3. ユニクロアプリ会員かどうかを選択

ユニクロのセルフレジ-会員IDバーコード

・ユニクロアプリ会員の場合

「はい」を選択。
スマホのユニクロアプリを起動し、画面下の「会員証」をタップして「会員IDバーコード」を表示。

ユニクロアプリの会員IDバーコード

セルフレジの「会員IDスキャン」と書かれているところにスマホを表向き(バーコードがセルフレジの画面に映るように)に置きます。

会員IDバーコードのスキャン

スマホをかざすだけですぐに読み取られます

・アプリ会員になっていない場合

「いいえ」を選択。

4. 商品点数と値段が正しく表示されているかチェックする

商品タグに埋め込まれているRFID(ICタグ)によって、商品点数と値段が瞬時に表示されます。

読み取り感度はかなり高い印象がありますが、もし正しく表示されなかったら、タグの位置を少し動かしてみてください。

ユニクロのRFID

商品タグを透かすとICタグが見えます

5. 支払い方法を選択する

ユニクロのセルフレジ-支払い方法

現金、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済(PayPay等)、銀聯(ぎんれん)カード、ギフトカードの中から選択し、商品代金を支払います。

左下の黒い装置はカード系の決済用。カードを差し込んだりスマホをかざしたりして決済します(操作法は画面に詳しく表示されます)。

6. 商品を袋に入れる

今のところ無料のユニクロの紙袋(2020年6月現在)

支払いが完了したら、レシートを取り、商品を右側のスペースから取り出し、後ろの棚にあるショッピングバッグ(紙袋orビニール袋)に入れます。

ちなみにユニクロのショッピングバッグは2020年4月1日から有料化(一枚税抜10円)の予定でしたが、店舗への紙袋の投入スケジュールに遅れが生じたことから有料化が延期されました。
そのため、現在(2020年6月)はまだ無料のままです。

・紙袋有料化についての追記(20.8.6)

2020年9月1日より、ショッピングバッグが有料化されます。
一枚10円(税込)です。
セルフレジで会計を進めていくと、袋を購入するかどうかという項目が出てくるので、必要な人はそこで購入を選択してください。

セルフレジでのクーポンの使い方に悩む

ユニクロアプリに登録したときにもらった500円引きのクーポンがあったので、セルフレジでそれを使おうと思ったのですが、クーポン選択の画面が現れずに会計が終了しそうになってしまいました。

最初に会員バーコードではなくクーポンのバーコードを表示して、それを読み取らせないといけないのかな、と思い、最初に戻ってクーポンのバーコードを表示したものの、何度やってもエラーが表示されます。

買おうとしていたのは1,500円のTシャツ一点だったのですが、しばらく経って気づきました。

“5,000円以上お買い上げ”で500円引きという事実に。

マヌケですね(笑

適用できるクーポンがある場合は、普通に会計を進めていけばクーポンが選択できるようになっているみたいです。

まとめ

ひと口にセルフレジといっても、様々な種類があります。
個人的に面倒だなと思うのは、スーパーの西友とTSUTAYAのセルフレジです。
ぱっと見わかりづらいですし、バーコードの読み取りや諸々の作業を全部自分でやらないといけないので、正直あまりメリットを感じません。

しかし、ユニクロのセルフレジは拍子抜けするほどに簡単です。
商品をセルフレジに置けば、一瞬で機械が商品内容を読み取ります。あとはお金を払うだけでおしまいです。

案ずるより産むが易し。
今までなんとなく敬遠していたという方も、次回の買い物の際にはぜひユニクロのセルフレジを使ってみてください。