【レビュー】ユニクロU 3Dエクストラファインメリノクルーネックセーター【2021秋冬】

ユニクロU 3D エクストラファインメリノクルーネックセーター

気軽に着られる白ニットがほしいなと思っていたところ、ユニクロで「3Dスフレ クルーネックセーター(長袖)」といういい感じのニットを見つけました。しかも限定価格で1,990円。これは買うしかないと思って店舗に行ったところ、フロアの隅でもうひとつのいい感じのニットを発見。

ユニクロU「3D エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)」

今回は、こちらのニットについて紹介します。

ユニクロU 3D エクストラファインメリノクルーネックセーターを選んだ理由

ユニクロU 3D エクストラファインメリノクルーネックセーター オフホワイト(01 OFF WHITE)
¥3,990(税込)→¥2,990(税込)

インラインの3Dスフレ クルーネックセーターの素材は、アクリル61%、ナイロン30%、ウール9%。それに対して、ユニクロUの3D エクストラファインメリノクルーネックセーターはウール100%です。

インラインの3Dスフレにはアクリルセーターにありがちな変にキラキラした感じの安っぽさは感じられませんが、やはりウール100%のユニクロUのほうが高級感があります。

試着してみたところ、インラインの3Dスフレは軽くてフワフワした感じで着心地も悪くなく、デザインも個人的にラグランスリーブが好きなので好印象でした。
ただなんというか普通な感じだなと。いや、普通でいいんですけどね。

次にユニクロUの3Dセーターを試着したのですが、鏡を見た瞬間に「あれ、これいいぞ」と思いました。

首まわりが私が好きなタイプのやや広めのボートネックで、肩のガーターステッチもさりげない意匠という感じで好感が持てます。

首まわりはゆったりめ

肩のステッチ

公式サイトの画像を見たときには太めの裾のリブが微妙だなと思ったのですが、実際に着てみると全然気になりません。
色はオフホワイトなのですが、わずかにアイボリーといった感じで、落ち着いた風合いが感じられます。

しかもこのセーターは値下げされて3,990円→2,990円になっています。
これは買うしかない、ということで、ユニクロUの3Dセーターに決めました。

全色全サイズが残っている!(10/31)

これを書いている10/31時点で、ユニクロU 3D エクストラファインメリノクルーネックセーターは全色全サイズが残っています。
この状態で値下げとは……。2021年SSの3Dクルーネックセーター(リネン混の同型セーター)は、結構人気があったみたいなんですけどね。

しかも公式サイトを見ると、評価が星4つとユニクロの商品にしてはそれほど高くありません。
メリノウールに光沢を求めていた方が、思ってたんと違った、ということのようです。

たしかにインラインの定番エクストラファインメリノセーターと比べると、光沢がなくふくらみ感があってカジュアル寄りだなという印象はあります。まあミドルゲージニットとはそういうものなので、ハイゲージのエクストラファインメリノセーターと比べてもあまり意味はないわけですが。

ミドルゲージの編み目

自分の場合はオンで着るということをはじめから想定しておらず、気軽に日常で着られるニットを探していたので問題なしです。

ユニクロU 3D エクストラファインメリノクルーネックセーターを着てみた

ユニクロU 3Dエクストラファインメリノ-着画1

172cm/70kg Lサイズ

172cm/70kgでLサイズを着ています。

店舗にはLまでしかなかったのでXLは試着していませんが、この手の薄手のニットは極端なオーバーサイズで着るよりも、体のサイズに合ったもののほうがかっこよく着られると個人的に考えているのでLでOKです。

ユニクロU 3Dエクストラファインメリノ-着画2

背面

肩はドロップ気味です。
縫い合わせのないホールガーメントなので、立体感があり着心地もいいです。

チクチクさは普通のセーター並みにありますが、下に長袖のインナーを着れば気になりません。
あと脱ぐときに結構静電気が発生します。まあウールのセーターとはそういうものなのでしかたないです。

ユニクロU 3Dエクストラファインメリノ-着画3

ジーンズとの組み合わせ

白ニットというと、どうしてもブルージーンズと合わせたくなります。
最近めっきり出番が少なくなったジーンズをはいてみたところ、パツンパツンでコレジャナイ感がすごい……。
体を大きくしようと増量中なのですが、昔の服が合わなくなるというのは痛手です。

あとがき

今回紹介したユニクロU 3D エクストラファインメリノクルーネックセーター。店舗で見かけたらぜひ試着してみてください。意外といいじゃん、と思う人が多いのではないかと思います。