友人の結婚式にしていくネクタイは白? 服装のマナー

結婚式のネクタイ

定番はシルバー系だがそれ以外でもOK

結婚式のネクタイというと白を想像するかもしれませんが、現在では、無地の白のネクタイをしている方はかなりの年配者くらいで、若い方はもちろん50代くらいの方でもほとんど見かけません。その代わりにシルバー系のネクタイが定番になっています。

20代、30代で友人として結婚式に出席するなら、もちろんシルバー系でもいいのですが、色付きのネクタイで装ってもかまいません。その場合は明るめの色彩のものにすると、ビジネスとは異なる華やかさを出せるのでいいと思います。

paulieのオススメは、シルバーをメインに、斜めのストライプが入ったデザインのネクタイです。
ストライプにシルバー以外の色がさりげなく入っていると、華やかさを演出できます。
ちなみに正面から見てストライプが右上がりになっているのがレジメンタル(イギリス式)で、左上りになっているのがレップ(アメリカ式)といいます。

素材はシルクが定番です。

SHIPS(シップス) シルバー フォーマル ネクタイ
販売: Amazon(画像をクリックするとAmazonのサイトに移動します)

結婚式に黒ネクタイは本当にNG?

日本では黒一色のネクタイは、葬儀を連想させるためNGとされています。
「日本では」と書いたのは、欧米では慶事において普通に黒いネクタイが使われているからです。

ブラックスーツに白ネクタイという、日本における結婚式の定番ファッションの出席者一同を欧米の方が見て、「ジャパニーズマフィア?」と驚いたというエピソードがあります。
日本と外国では同じスーツとネクタイを着用しても、その見られ方は異なるというわけです。

スーツはヨーロッパ発祥のものだから、欧州基準にすべき、という考え方もあると思います。大枠としてそれは間違っていません。
しかしながら日本ではすでに、「黒いネクタイ=葬儀」だから結婚式にはふさわしくない、という認識を多くの人が共有しています。そういう状況にもかかわらず、「欧米ではこれがフォーマルだから」、「日本のほうが間違ってる」といった考えで黒ネクタイをしていったら、ほかの出席者、特に年配の方たちがどういう反応をするかは想像するまでもないと思います。

結婚式の主役は新郎新婦。自分の知識や価値観を披露する場ではありません。マナーとはがちがちに固定されたものではなく、ときに人との関係において変化するものでもあります。というわけで日本の結婚式では黒ネクタイは避けましょう。

NGなネクタイはほかにもあり、ヒョウ柄などのアニマル柄も、動物の殺生を連想させるので結婚式にはふさわしくないとされています(仮にOKでもアニマル柄はオススメしませんが)。披露宴の料理に出てくる肉は、動物の殺生そのものを表しているように思うのですが、まあそこを突っ込むのは野暮ということで。

ボウタイ(蝶ネクタイ)もアリ

ボウタイ

ほかの人とはひと味違った装いをしたいときは、ボウタイ(蝶ネクタイ)をしてみるのもいいと思います。

フォーマルさを求めるなら、タイの色は黒が原則です。
通常のネクタイなら結婚式に黒はNGなのに、ボウタイの場合は黒がOKというのは不思議ですが、日本においてはそうなっているということでご了承ください(笑

スーツに合わせる場合は、シャツはボウタイ用のウイングカラーではなく、レギュラーカラーの普通のシャツでも大丈夫です。
ボウタイを使うときは、白いリネン(麻)のポケットチーフをスリーピークスに折って胸ポケットに挿すと、ばっちりきまります。
ボウタイはフォーマルのルールにのっとったアイテムです。決して人目をひくだけの奇抜なものではないので、安心してお使いください。

注意点として、ボウタイはタキシードとセットで考えられることが多く、夜に使われるもの、という認識があります。そのため、夕方以降の結婚式のときに限定したほうが無難です。
また、フォーマルではあるのですが、日本の結婚式においてはめずらしがられることも確かです。お堅い仕事関係の結婚式の場合は避けておきましょう。

BOWTIES.JP
(画像をクリックするとBOWTIES.JPのサイトに移動します)
国内唯一の蝶ネクタイ専門店です。
イメージ通りの一本がきっと見つかるはず。
蝶ネクタイの結び方も紹介しています。

 

友人の結婚式に着ていくべき男性のスーツはこれ!

結婚式に着ていくべき男性のシャツはこれ!

結婚式のポケットチーフの折り方はスリーピークスで

結婚式に履いていくべき男性の靴はこれ!

結婚式に持っていく男性の鞄はこれ!