コンパクトなダンベルプレートラック ABsports SW-001Sをレビュー!

ABsports SW-001S

自宅でウエイトトレーニングをしていて困るのが、ダンベルやバーベルプレートの収納場所です。

私の場合は、たくさんある5kgプレートはまとめて積み重ねて、そのほかのものはソファーの下に置いていました。
ただこれだと取り出すのも片付けるのも面倒です。

というわけで、これらのプレートをすっきり収納できる、ツリー型プレートラックを購入してみました。

ABsports SW-001Sを選んだワケ

ABsportsプレートラック SW-001S
W49.3xD31xH64cm

数あるプレートラックのなかからABsportsのものを選んだ最大の理由は、安さとサイズのコンパクトさです。

たいていのラックは20kgプレートをかけることを想定したサイズになっていて、高さが1mを超えるものもあります。
そのようなプレートラックは、部屋に置くにはちょっと存在感がありすぎです。トレーニング専用の部屋があるなら存在感があってもいいんですけどね。自分の家の間取り的にはそうもいかず。

また私の場合、20kgプレートは普段バーベルに付けっぱなしで、ラックにしまう必要がありません。

というわけで、5kgプレートを中心にかけられる、コンパクトでシンプルなABsportsのラックが最適かなと思い至りました。

ABsports SW-001Sの組み立て

ラックの組み立ては簡単です。
中心の三角形は組み上がっているので、脚とバーをナットで留めるだけです。

パーツはこれだけ

ただ工具が付属していないので、自分で用意する必要があります。
脚の部分のナットが結構固くて、ボルトを工具で押さえながらナットを締めていきました。
たまたま家にモンキーレンチが二つあったので問題なく組み立てられましたが、ひとつだけだったら大変だったと思います。

ボルトとナットの直径は17mm

組み立て完了!

ガタつきもなく安定性があります。耐荷重はラック全体で100kg。
カラーリングが白というのもスタイリッシュでいい感じです。

ABsportsプレートラックのサイズ詳細

バーは傷つきにくい仕様になっています。
レギュラープレート用で、直径は2.5cm。

ABsportsプレートラックのバー

上のバーにアイロテックの20kgプレートを付けられますが、そうすると下のバーが無駄になってしまうので、20kgプレートはやめておいたほうがよさそうです。

ABsportsプレートラックと20kgプレート

手持ちのダンベルプレートを取り付けてみました。

プレートを装着したABsportsプレートラック

・1.25kg x 4
・2.5kg x 4
・5kg x 12
・7.5kg x 2

下中央のバーは入り口が狭く、5kgプレートがギリギリ入るか入らないかくらいの感じです。直径21cmのボディメーカーの5kgプレートは、少し傾けることで収納することができました(上の画像ではヘラクレスの2.5kgプレートを収納しています)。

あとがき

今回買ったABsportsのプレートラックですが、今年買ってよかったものに早くもノミネートするほど満足のいく一品でした。

部屋もすっきりしたし、プレートの付け替えも楽になったし、なぜ今まで買わなかったのかとさえ思っています。

20kgプレートなど大径のプレートを収納したい人には不向きですが、5kgを中心としたダンベルプレートがたくさんある人にはオススメできるプレートラックです。