【メンズ】ユニクロ×イネス2017秋冬 実際に着てみた感想とレビュー

ユニクロ×イネス

待望のメンズコレクションが登場したユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ2017秋冬(外部サイト)。実際に店頭でチェックしてきました。

実物の色味や質感は、オンラインストアでの印象と大きく変わりはありませんでした。
ただコーデュロイジャケットとスリムフィットコーデュロイパンツは、予想よりもコーデュロイの畝(うね)の幅が太かったです。

今回はユニクロ×イネスコラボを、実際に着てみた感想について述べていきたいと思います。

前回の記事『ユニクロ×イネス2017秋冬 買うべきものと買ってはいけないもの』もあわせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

予想通りよかったアイテム

ステンカラーコートは、シルエットも生地の質感もよかったです。表地は綿100%で、裏地には中綿入りで取り外しのできるライナーもついています。

イネス-ステンカラーコート

ユニクロ×イネス – ステンカラーコート

ベージュ、オリーブ、ネイビー、いずれも発色がいいです。ボタンを留めてきっちり着るのもいいですが、前を開けて襟を軽く立ててラフに着るのもオススメ。

結構細身で肩回りもぴったりしているので、ビジネス用にスーツの上から着るならワンサイズ上にしましょう。

唯一の難点としては、内側にポケットがひとつもついていないことです。
胸の裏側のポケットにスマホやタバコを入れたい人にとっては不満な点だと思われます。

まあまあなアイテム

イネス-コーデュロイジャケット

ユニクロ×イネス – コーデュロイジャケット

コーデュロイジャケットとツイードジャケット。オンラインストアであっという間にサイズ欠けした人気商品ですが、もう少し細身でもよかったかなという印象です(特に腕まわり)。

‟温もり”や‟心地よい雰囲気や空間”、‟幸福感に満ちている”といったものがコンセプトらしいので、パリッと着るよりも、カジュアルにリラックスした感じで着るのを想定しているようです。

本切羽仕様(ジャケットの袖口がボタンで開閉できる)なので、オンラインストアの商品画像にあるようにボタンをはずして袖を少しまくると、洒脱な雰囲気が出てオシャレに着られると思います。

ただ、思っていたのとちょっと違うなと感じる人がいそうなので、今はサイズ欠けしていますが、少ししたら復活するかもしれません。

ちなみにコーデュロイジャケットは、オリーブもネイビーもどちらもすごく色合いがよかったです。特にオリーブはコーデュロイという素材と相性がいいですね。

意外とよかったアイテム

イネス-コットンパンツ

ユニクロ×イネス – スリムフィットコットンパンツ

スリムフィットコットンパンツは、質感、発色ともによく、高級感があってよかったです。

スリムフィットとありますが、そこまで細くはないです。

ウールブレンドチェスターコートは前回の記事で、デザインは悪くないが素材が不安、と書いたのですが、まったくその通りといった感じでした。

もっともウエストがシェイプされた立体感のあるデザインが、予想以上によかったです。質感に納得できれば買いかもしれません。

ただグレーのほうはちょっと毛羽立った感じがあるので、選ぶならネイビーのほうですかね。ちなみにネイビーはほとんど黒に近い色味です。

あと無地のフランネルシャツのネイビーもなかなかよかったです。抑えめの色調とネルシャツの質感が、落ち着いた雰囲気を醸し出していました。

うーむ……なアイテム

イネス-カシミヤクルーネックセーター

ユニクロ×イネス – カシミヤクルーネックセーター

カシミヤクルーネックセーターは、素材はカシミアで高級感があるものの、デザイン的には普通のスウェットなので、コラボ商品としてあまり惹かれる部分はありませんでした。

オーソドックスな形なのでオフホワイト、グレー、ネイビーはカジュアルウェアとして着られそうですが、オレンジだけは飛び道具的な使い方しかできなそうです。

 

以上、ユニクロ×イネス2017秋冬を実際に着てみた感想とレビューでした。

まだ発売日が先の商品があるので、そちらにも期待です。

スポンサーリンク