小銭を持つのをやめると見える景色が変わるという話

山からの景色

いつのまにか染みついた習慣。それをひとつずつ剥がして、必要なものとそうでないものを分けていく。そうすることで自分自身をリセットし、身軽になって前に進んでいくことができます。

今まで当たり前のように生活の中にあった紙幣や硬貨、これが必要のない社会になってきました。
現在はさまざまな電子マネーがあり、それらをスマホでひとまとめにできる「おサイフケータイ」や「Apple Pay」も登場しています。

一日の生活を考えてみましょう。

最寄り駅までのバス、会社までの電車、コンビニで昼食を買う、仕事終わりに飲食店で食事、帰り道に自販機でコーヒー。
これらすべては、電子マネーやクレジットカードで決済することができます。

小銭を持たなければ、当然財布は薄くなります。スーツのポケットに入れてもパンパンに膨らまなくなるので、出し入れも楽ですし、スーツの形も崩れません。

レジで小銭をじゃらじゃらと数えて出す手間がなくなりますし、それを店員が数えてレジに打ち、お釣りをもらう時間も短縮されます。

小銭を持たないことで、物理的にも精神的にも身軽になることができます。
習慣を変える、あるいは捨てるというのはエネルギーが必要なものです。しかしその一歩を踏み出すことで、新たな視界が開けます。

小銭を持たないというのはきっかけにすぎず、それによって気づかないうちにマンネリ化した生活と価値観に刺激を与え、肯定的な変化を手に入れることができるのです。

英国王室御用達の高品質なレザーを使った、マネークリップとカードケースが一体化した財布です。
飲食の割り勘などで現金が必要なときでもクリップにいくらか挟んでおけば安心です。
内側にはエッティンガーを特徴づける、黄色いパネルハイドレザーを使用しています。

スポンサーリンク