はじめての高級腕時計 – なぜ機械式が選ばれるのか

ロレックスGMTマスター2

スーツスタイルにおいて、男性がお金をかける場所は3つあるといわれています。

それは「靴」「鞄」「時計」です

この3つはしっかりと手入れをしていけば長く使えるものですし、お金を投資する意義のあるものだと思います。

逆にいえば、これくらいしかお金をかけるところがない、ともいえますね。男性はアクセサリーをほとんどつけませんから。飾れるところが数少ないがゆえに、どれを選ぶかが重要になってくるわけです。

今回はこのうちの時計を紹介します。

スポンサーリンク

高級腕時計とはなにか

高級腕時計とは、その名の通り高級な腕時計のことです。そのままですね(笑

正式な定義はないのですが、一流時計メーカーが作った、定価でだいたい25万円以上のものを指すことが多いです。
値段の上を見るとキリがなく、数百万どころか数千万、なかには億を超えるものまで存在します。

一般的にはロレックスやオメガがよく知られていますが、それ以外にも高級腕時計メーカーはたくさんあります。

そのなかでも「パテック・フィリップ」「ヴァシュロン・コンスタンタン」「オーデマ・ピゲ」は、三大高級時計(もしくは雲上時計)と呼ばれ、腕時計愛好家の憧れの存在となっています。

高級腕時計を買う意義とは

腕時計は100均でも買えますし、時間はスマホで確認できます。

実用的な面においては、高いお金を出して高級な腕時計を買う意味というのはまったくといっていいほどありません。
それなのになぜ多くの人を虜にするのか。

高級時計はその人のステイタスや経済状況を表すものという見方もありますが、そういったことはあくまでも副産物にすぎません。

高級時計の一番の魅力は、その「美しさ」にあります。

文字盤とケースのデザイン、革ベルトの質感、そして内部で動く複雑なゼンマイ仕掛けの機械、これらが所有する人に喜びを与えるのです。

腕時計の基礎知識 クォーツと機械式

時計には大きく分けて2つの種類があります。

クォーツ」と「機械式」です。

クォーツは、水晶振動子に電圧を加えることで得られる周期的な振動を利用した時計のことで、機械式に比べて精度が高く維持も簡単という特徴があります。低コストで製造可能なので、安価な時計の多くはこの方式を採用しています。

デメリットらしいところはほとんどないのですが、しいていえば、電気が必要なので定期的に電池の交換が必要になるところです(といっても数年に一度ですが)。

一方、機械式は昔ながらのゼンマイを使った駆動方法のことです。手巻きと自動巻きの2種類があります。

どちらも時計の側面についている竜頭(りゅうず)という突起をまわしてゼンマイを巻き上げることができるのですが、自動巻きの場合はなかにローターが組み込まれており、手首につけた状態で腕を振ることでローターがまわって自動的にゼンマイが巻かれる仕組みになっています。

手巻きの場合はだいたい二日くらいで針が止まってしまうのですが、自動巻きの場合は原理的には腕につけている限り動き続けます。

もっともそんなに毎日つけ続ける人も多くないでしょうし、たいていは気づいたら止まっていて、また巻き直して時刻を合わせることになります(それを防ぐために、ワインディングマシーンと呼ばれる、自動巻きの腕時計のローターを回し続ける製品もあります)。

維持管理についてですが、機械式の場合は3~5年に一度、オーバーホールと呼ばれる分解点検修理に出す必要があります

メーカーによって料金は変わりますが、3万円から10万円オーバーまでと、結構な出費を覚悟しなければなりません。

なぜ機械式が使われるのか

クォーツと機械式、この2つの駆動方法のどちらを選ぶかですが、今どきの高級腕時計ではたいてい自動巻きか手巻きが使われているので、ほとんどの場合選択する余地がないです。

実用的な面からいうと、クォーツのほうが圧倒的に優れているのに、なぜ高級腕時計では機械式を採用するのかというと、電池を使わずに昔ながらのやり方でゼンマイを巻いて時計を動かすというメカニカルな部分に、工芸品としての趣があるからです。

なるほど、機械式の複雑な機構を作るのにたくさんの職人の手がかかっているから高いんだ、と思われるかもしれませんが、ここでひとつ問題が出てきます。

現在の高級腕時計メーカーのなかで、自社でムーブメント(機械式腕時計の駆動部分)を作っているところは一部で、ほとんどのところはETA(エタ)というスイスのメーカーの汎用のムーブメント、あるいはその代替となる他社製ムーブメントを使っているのです(ちなみに自社でムーブメントを作っているメーカーのことをマニュファクチュールといいます)。

それじゃ大量生産品と変わらないのでは、と思うかもしれませんが、ある意味ではその通りです。

それを承知した上で、ケースや文字盤のデザインや、ブランドそのものの価値を認めて買うか、高級腕時計に機械としての魅力を感じているなら、自社でムーブメント製作をしているメーカーのものを買うか、ということになると思います。

カルティエの時計

中の機構が見えるようにデザインされたものもある

高級腕時計をどこで買うか

高級腕時計を購入できる場所は、メーカー直営店と正規代理店、そして並行輸入店に分かれます。

実際に買うものを決めて調べてみるとわかると思いますが、店によって同じモデルでも値段が大きく変わってきます。
正規店よりもかなり安く販売されている場合は、たいてい並行輸入品です。

並行輸入とは、日本と外国との為替レートの差や、独自の調達ルートを使って安く仕入れる方法のことで、モノ自体は本物です。

仕入れた時期や国、どれだけの利益を取るかにより、同じモデルでも店によって値段が変わってきますが、正規品より30%~50%ほど安く買うことができます。

注意点として、値段比べをして一番安いやつにすればいいのかといえばそうではなく、人気モデルでは精巧なコピー品が出回っているので、信頼性の高い店を選ぶ必要があるということです。
創業からどれくらいたっているかや、販売実績、実際の店舗の有無などをチェックしておきましょう。

また、並行輸入品では、メーカーでの修理やオーバーホールの料金に差をつけられる場合があります。
俗にいう「並行差別」というやつです。

なんでそんな意地悪なことをするんだ、と思うかもしれませんが、並行輸入を認めてしまえば正規品の売り上げが下がってしまうからということでしょうね。
その点も考慮に入れて選びましょう。

はじめての高級腕時計 – 最初の一本を選ぶときの4つの注意点

 

スポンサーリンク