座るときはスーツのジャケットのボタンをはずそう – 意外と知らないスーツの着こなし

スーツ-着席

スーツを着たときの立ち居振る舞いで意外と知られていないのが、座るときにボタンをはずすというものです。

これはマナーというよりも、そうしたほうがスーツの形が崩れないので推奨される、というものです。留めたまま座るとボタンが引っ張られて生地が傷むため、それを防ぐ意味もあります。

ボタンは基本的に留めておくものなので、どちらかというと「するべき」というよりも「してもよい」という感覚に近いといえます。ボタンを留めたまま座ることが、相手に対して失礼なマナー違反であるということでは決してありません。

実際テレビのニュース番組のアナウンサーなどは、スーツのボタンを留めたまま着席している方がほとんどです。もっとも彼らは胸より上しか映らないので、ジャケットの下半分の形の崩れを気にする必要がないからだと思いますが。

スポンサーリンク

着席時にボタンをはずし、立ち上がるときにスムーズに留める

タイトルには「意外と知らない」と書いたのですが、ビジネスマナーの雑誌やサイトが増え、スーツで座るときにはボタンをはずす、ということが徐々に認知度を高め、一種のマナー的なものになってきていることも事実です。

というわけで、今まで座っているときもだらしなく思われないようにボタンを留めていた方も、これからはじゃんじゃんはずしていきましょう(笑 そのほうが窮屈じゃなく楽という実用的な面もありますしね。

座るときにはずして立ったときに留める。この動作をいつしたのかわからないくらいなめらかにできるようになると、すごくオシャレで、この人はわかってるな、と一部の人から思ってもらえます。

※なおダブルのスーツの場合は、座るときもボタンははずしません。打ち合わせ(スーツの前身頃が重なる部分)の幅が広いので、ボタンをはずすとだらんと垂れ下がってしまうからです。

スーツのボタンに手をかける男性

ボタンのかけはずしはスムーズに

シチュエーションによってはボタンをはずさないほうがいい場合も

着席時にボタンをはずすという行為は、人によってはだらしないととられることもありえます。

特に会社の面接のときなどは注意が必要です。

面接官を前にして着席時にボタンをはずすと、人によってはスーツの着こなしを知っているスマートな人間ではなく、緊張感のないだらしない人間、と勘違いされる可能性もゼロではありません。
前述したようにボタンを留めたまま座っても失礼にはあたらないので、そこはボタンを留めて臨むのが正解だと思います。

外資系やアパレル系の会社で、面接官全員が座るときにジャケットのボタンをすっとはずすような、「わかっている」ところでしたらむしろプラスになるかもしれませんが、その辺は臨機応変に。

着席しているスーツの男性

状況によってはボタンを留めたほうがいい場合も

和室で正座する場合の対応

和室で正座する状況になったときにジャケットのボタンをどうするかについてですが、スーツの形を崩さないという観点からも、ボタンをはずして着席して問題ありません。

もっともこれに関しても、上で述べたようにシチュエーションによって対応を変えるべきです。

仕事の取引先との大切な会合や、付き合っている相手の両親にあいさつをするときなど、重要な状況でははずさないで様子を見たほうがいいでしょう。

あぐらをする場合でしたら、おそらくそれなりにリラックスできる状況でしょうから、ボタンをはずしても大丈夫です。
というかジャケットのボタンを留めたままあぐらをかくほうが、不自然な感じがします(笑

立っているときはしっかりボタンを留めよう

立っているときや歩いているときに、スーツのボタンをはずした状態にあるのはマナー的によくありません。

ワイシャツはスーツスタイルにおいて本来「下着」という位置づけなので、それを完全に露出させてしまうのはビジネスルール的にはNGなのです(ベストを着用するスリーピースのスーツのときは、はずしたままでも問題ありません)。

立っているときはきちんとジャケットのボタンを留め、座るときにははずす。これを守るだけでも大人の男の雰囲気がぐっと増してきますので、ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク