30代メンズのNGファッション8選

Unhappy

こんなタイトルをつけておいてなんですが、ファッションなんてTPOをわきまえているかぎりは、自分の好きなものを好きなように着ればいいと思います。

ただ、社会で暮らしていく以上、どうしても他人の目、特に女性からの視線は気になってしまうもの。ファッションに対して強いこだわりがある方は、他人からどう思われようと自分の好きな道を行くべきですが、もしそうでないならば、あえてNGなものを着る必要はありません。

NGファッションがあるならば、逆に好ましいとされるファッションもあるはずです。

30代男性の場合は「体にフィットした、過度に装飾されていないシンプルで清潔感のあるスタイル」が、多くの人が支持する好感度の高いファッションであるといえるでしょう。
ということはそれとは逆のものがNGとなります。

スポンサーリンク

ダボダボのパンツ

シルエットが太いものや、ベルトで絞らないと落ちてしまうようなパンツは避けましょう。長すぎる裾を引きずるのも清潔感がないのでNGです。

B系の定番のひとつだった下着が見えるほどの「腰ばき」も、20代で卒業するべきスタイルのひとつです。

最近ではオーバーサイズやビッグシルエットのものが流行っていますが、30代以上ならそういったトレンドには惑わされず、体にフィットしたスリムなものを中心に選びましょう。

ロールアップすると裏のチェック柄が見えるクロップドのチノパン

こういったちょっとした柄がデザインされたパンツは、単体だとオシャレに感じるのですが、実際にはいてみるとかなり子どもっぽく見えます。

いつまでも若く見られたいという気持ちもあるかもしれませんが、30代以上ならば「年齢相応のファッション」こそが、その人の魅力をもっとも高めるものだと思います。

チェックのシャツ

アメカジでは定番のチェックのシャツですが、柄やシルエット、着方によって、かなり印象に差が出るアイテムでもあります。

だぼっとしたサイズ感のチェックシャツを、ボタンをすべてはずして羽織るような着方は、かなりルーズな雰囲気が出てしまうので注意しましょう。

パーカーの上にジャケット

パーカーとジャケットの重ね着は、安っぽく見られるリスクのあるファッションです。

フォーマル感の強いジャケットと、カジュアルの代表のようなパーカーは、色合わせやサイズ感などじつは非常に難しい組み合わせといえます。
子どもっぽく見られるので、30代以上は避けたほうが無難です。

派手な色彩のハイテクスニーカー

ダンサーがスキニーパンツと合わせて履くのはありですが、それ以外だとかなりコーディネートが難しいアイテムです。
いずれにせよ30代以上の落ち着いたファッションには、あまり似つかわしくありません。

足元は派手にせず、すっきり見せましょう。

先のとがった革靴

特に女性受けが悪いのが、この「先のとがった革靴」です。チャラいと見られることが多いようです。

十年ほど前に、スーツスタイルにおいても極端なロングノーズのトレンドがありましたが、一過性のものとして今では廃れています。

足のつま先よりずっと前に靴の先があるので感覚が違うのか、靴のつま先に傷がたくさんついている人もよく見ます。

ごつい指輪やネックレス

ごてごてとアクセサリーをつけるのも印象がよくありません。
男性の場合、身につけるアクセサリーは時計くらいにしたほうがいいでしょう。

アクセサリーの中でもドクロや十字架をモチーフにしたものは、特に女性からの支持が低いようです。
パワーストーンなどの数珠系のブレスレットも、シンプルファッションを目指すならあまりオススメできません。

磁気ネックレスなどの健康グッズは、おじさん感が増してしまうので避けておきましょう。

お兄系(おにいけい)ファッション

お兄系ファッションとは、ギャル男ファッションにホストやビジュアル系のテイストが加わったスタイルのことです。

ベースはストリート系ファッションで、黒を基調とし、胸元が大きく開いたニットや、先に述べた、ごてごてのシルバー系アクセサリーや先のとがった革靴などもよく使われます。

また、ルイヴィトンなどのブランドロゴを強調した、派手なバックルのベルトが使用されたりするのも特徴のひとつです。

まさに「過度に装飾」されたファッションの典型だといえるでしょう。

「脱オタ」という言葉をファッション関連で耳にする機会が多いですが、大人になってからファッションに興味を持った人がうっかり引き寄せられてしまいがちなスタイルでもあります。

 

以上、30代メンズのNGファッション8選でした。

装飾を控えめにし、テイストが異なるものを重ね着しないようにし、できるだけシンプルに体にフィットしたものを選ぶことで、落ち着いた年齢相応の好感度の高いファッションにすることができます。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク