【メンズ】ナイキのDri-FITヨガパンツがいい感じ!【レビュー】

ナイキ ヨガDri-FITパンツ

最近は家にいることが多く、自然とファッションも着ていて楽なものが中心になっています。
今回は、個人的にハマっているナイキのアパレルから「ヨガ Dri-FIT パンツ」を紹介します。

完璧なシルエット

ヨガパンツといっても、ジョガーパンツとほとんど見分けがつかないものもあれば、レギンスタイプや全体的にゆったりとしたものまで、その形は多岐に渡ります。
メーカーがヨガ向けとして売り出せばヨガパンツになるという感じですね。唯一の共通点は素材が薄手ということくらいでしょうか。

今回紹介するナイキのヨガパンツは、デザイン的にはジョガーパンツ寄りです。

個人的に太ももまわりがピチピチのものや、裾のリブが太めで、ふくらはぎのところが若干たるむタイプのジョガーパンツはあまり好きではないのですが、このヨガパンツはそのどちらでもないドンピシャなシルエットです。

ナイキ ヨガ Dri-FIT パンツ(BV4033-010)
172cm/66kg Mサイズ

太ももはゆったりめ

太ももまわりはゆったりめで動きやすく、裾はリブが後ろ半分にだけついていて、正面からは見えない特徴的なデザインになっています。

裾のリブは後ろ半分だけ

控えめなスウッシュ

素材はコットン47%、ポリエステル41%、スパンデックス12%。
薄手でナイキのDri-FITテクノロジーによる速乾性もあるので、暖かい季節になっても着られそうです。

部屋着やワークアウト用としてだけではなく、街着としても使えるヨガパンツ。
ナイキの公式オンラインストアでは残念ながら売り切れてしまいました。

ナイキのスウェット買い増し

少し前に「ナイキ サーマ メンズ ロングスリーブ トレーニングトップ」のグレーを買ったのですが、その配色や着心地を気に入って、ブラックも買ってしまいました(グレーについてはこちらの記事で)。

ナイキ サーマ トレーニングトップ(BV3300-010)
Mサイズ

脇の下のメッシュなど通気性に優れているのですが、裏起毛ですし、さすがにこの先気温と湿度が上がってくると暑くて着られないですね。
あとちょっとだけ着て、そのあとは次の秋まで寝かせることになりそうです。

SNSでこの記事をシェア