男の色気が際立つスリーピースのスーツの着方を完全解説

スリーピーススーツ

スリーピースとはジャケットの下にベスト着るタイプのスーツです。
同じ生地で作られた「ジャケット」「パンツ(トラウザーズ)」「ベスト」、この3つがそろってスリーピースとなります(「三つ揃え」と呼ばれることもあります)。

元々のスーツの形はスリーピースであり、フォーマルな印象を与えるスーツです。大人の男の雰囲気が漂うので、30代以上に特にオススメします。

スリーピースのジャケットのボタンは留める? 留めない?

2つボタン、3つボタンのスーツではジャケットの一番下のボタンははずしますが、スリーピースの場合も同様に、ボタンを留めるときは一番下のボタンをはずします。

「留めるときは」と書いたのは、スリーピースの場合は、ボタンをすべてはずして着用してもいいことになっているからです(※ダブルのスーツのときはボタンははずしません)。もっともスリーピースを着用している方の多くは、ジャケットのボタンをすべてはずしていることが多いように見受けられるので、通常時ははずしたままで問題ないと思います。

失礼があってはいけない場面や、自分に注目が集まるような重要なときにはボタンを留めるようにしましょう。

スポンサーリンク

スリーピースのベストのボタンはどう留めるべきか

スリーピースの中に着るベスト(ウエストコート)のボタンは、ジャケットと同じく一番下のボタンをはずすべきといわれていますが、実際どのように留めるかに関しては少し複雑で、単純にこうすべきという指針がありません。

よく知られた逸話があります。19世紀はじめのイギリス王ジョージ4世が摂政時代に、ベストの一番下のボタンを締め忘れてとあるパーティーに出席していたそうです。ジョージ4世はお腹が出ていたということもあり、その締め忘れはすごく目立ったことでしょう。イギリスの社交界で洒落者として知られていたボー・ブランメルはそれを見て、気を遣って自分もそっとボタンをはずしました。さらにそれを見た出席者たちが、これが最新の着こなしなんだと思い真似をしてボタンをはずしはじめたというものです。そしてそれ以降、スリーピースのベストの一番下のボタンは留めないことが慣習になったといわれています。

さてこの逸話による慣習ですが、どこまで信頼性のあるものなのでしょうか。ウェブをざっと見た限りですが、英語圏においてはスリーピースの一番下のボタンをはずすことと、この逸話を関連付けたものは見当たりませんでした(ジョージ4世ではなく、エドワード7世の似たようなエピソードはあり)。
仮にジョージ4世の話が本当だとしても、それまではボタンをすべて留めるのがマナーであったということにもなります。

ただ英語圏においてもベストの一番下のボタンははずすべきというのが主流のようですので、ベストの下の斜めにカットされている部分、そこにボタンがついている場合は明確に飾りボタンなので留める必要はなく(留めると形がおかしくなる)、それ以外の場合でも基本的にははずしておいて問題ないと思います。ただ留めたからといってマナー違反にあたるような、そういった類のものではないということです。ジャケットと同様に、形を崩さないためという理由のほうが大きいと思います。

ちなみに一番上のボタンをはずすのはNGなので注意してください。

スリーピースのパンツにベルトは必要?

本来のスリーピースのスーツではベルトは巻かず、ボタンで留めるタイプのサスペンダーでパンツを吊るします。ベルトを巻くことでベストの下部が浮いてしまうのを防ぐためです。

とはいえ最近のスリーピーススーツはベルトループのついたものが多く、その場合はベルトを巻いても問題ありません。ただベストの下からベルトのバックルが見えるのは格好悪いので気をつけてください。その場合はベストが短すぎるか、パンツの股上が浅すぎるのが原因です。また、ネクタイの先がベストの下から見えないように調整しておきましょう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい