絶対にデキる男に見られるスーツとシャツとネクタイの組み合わせ方

ネイビースーツ

人は内面が大事とよく言いますが、外見を整えることによって得られる評価もあることは、みなさんも実感したことがあるのではないでしょうか。特にビジネスマンだとその傾向が強いように思います。

ここでは「仕事がデキる男」を演出するビジネススタイルを紹介します。派手なスーツやネクタイを身に着けることなく、ビジネスマンなら誰でもすでに持っているワードローブで可能です。

スポンサーリンク

無地のネイビーのスーツ

基本となるスーツには、無地のネイビーを選びます。おそらく多くの方が最初の一着に選ぶスーツではないでしょうか。就活生や新入社員のイメージを持つ方もいるかもしれませんが、じつはネイビーこそが最強のビジネススーツでもあるのです。

もちろん体にフィットした、サイズ感のあったものである必要があります。

サックスブルーのシャツ

ネイビーのスーツの下にはサックスブルーのシャツがオススメです。白いシャツでもいいのですが、それだと普通すぎるので少し色味の入ったものを選びます。

襟の形はセミワイドかワイドで。

紺のネクタイ

ネイビーのスーツとサックスブルーのシャツに、紺色のネクタイを合わせます。柄は紺ベースであればドットでもストライプでもかまいません。

スーツ、シャツ、ネクタイと、すべてを青系のワントーンで統一するのがポイントです。同じ青系でありながら、アイテムごとに色にグラデーションがあるのがオシャレ度を高めています。

ネクタイの結び目にはしっかりとディンプル(結び目の下にできる窪み)を入れましょう。

白のポケットチーフ

ポケットチーフはネクタイと色を合わせるべし、という説もあるのですが、いかにも「オシャレしてます」という感じは避けたいので、ここでは定番の白をチョイスします。

スーツ、シャツ、ネクタイを青系でそろえたので、胸元に白を入れるとメリハリが効いてパリッとした雰囲気になります。

ポケットチーフの折り方はTVフォールド(スクエアに折って頭の部分を少しだけポケットから出す)で。

ポケットチーフをTVフォールドに折る方法

靴は黒のストレートチップ

全体を引き締める足元には、黒のストレートチップを選択します。つま先の手前に一本のラインが入っているタイプの靴です。
冠婚葬祭などのフォーマルな場でも使える靴なので、おそらく多くの方が持っていると思います。

ベルトは基本的に靴と色を合わせるものなので黒にします。

 

以上、「デキる男」を演出するビジネススタイルの紹介でした。

ベーシックなアイテムでも組み合わせによって、いつもと違う印象を相手に与えることができます。ぜひスーツのコーディネートを楽しんでください。

スポンサーリンク