スーツのボタンはどこまで留める? 今さら聞けないスーツの着方の解説

スーツ-1

スーツをどのように着るかというのは学校で細かく教えてくれるわけではないですし、社会人になってまわりの人を観察したり上司からアドバイスをもらったりして、少しずつ覚えていくことが多いのではないでしょうか。

とはいえそれが必ずしも正解とは限らないわけで、いつのまにか自分ルールでスーツを着ている方も多いと思います。

カジュアルファッションとは違ってビジネススーツには、ヨーロッパからはじまる歴史ある「着こなし」が存在します。そこをしっかりとおさえてデキる男を目指しましょう。

スポンサーリンク

スーツの一番下のボタンは留めるべからず

今回取り上げるのはスーツのボタンの留め方です。これはスーツの着方の中でも基本中の基本ですので知っている方も多いかと思われますが、今一度確認しておきましょう。

現在のスーツの定番は、シングルの2つボタンか段返り3つボタン(一番上のボタンがラペルの裏に隠れているもの)ですが、一番下のボタンは飾りボタンであり、留める必要はありません。

2つボタンのときは上の1つだけ、段返り3つボタンのときは真ん中の1つだけ、が正しいスーツのボタンの留め方です。段返りではない普通の3つボタンスーツの場合は上の2つを留めます。

スーツ-2

一番下のボタンを留めると形が崩れてしまう

ジャケットの一番下のボタンを留めないことを「アンボタンマナー」と呼ぶこともありますが、実際にはマナーというほど強いものではないように思います。仮にボタンをすべてかけたからといって、相手に対して失礼とまではいかないからです(人によってはスーツの着方がわかっていないんだなと思われるかもしれませんが)。

どちらかというと立っているときにボタンをすべてはずしているほうがマナーとしてはよくないと思います。
あくまでスーツの形を崩さずに優雅に着るための方法です。

一番下のボタンを留めないというのはスーツの基本的な着こなし方なのですが、問題はこのことを知らない上司などに、みっともないからボタンを全部留めろ、などと言われたときにどうするかです。

上司に対してスーツの基本を説くなど百害あって一利なし。その場では留めて、あとでこっそりはずしておきましょう(笑

スポンサーリンク