ワイシャツの正しい着方をおさえておこう – ビジネススーツのマナー解説

ワイシャツ

スーツのジャケットの下に着るシャツには、おさえておくべきルールがあります。

どんなにいいスーツを着ていても、それに合わせるシャツの着こなしができていなかったら台無しです。

そのルールをしっかり取り入れて、デキる男のスーツスタイルを実現しましょう。

スポンサーリンク

スーツの上着からシャツの袖と襟首をちょっとだけ出す

シャツの着こなしでもっとも重要なポイントで、スーツ全体のバランスにも影響が出るのが袖の長さです。

腕を下ろしたときに手首のシワが隠れるくらいの長さで、上着の袖口から1.5cmほどシャツの袖の部分が出るものが、正しいシャツのサイズです。

上着の袖のほうが長いものはもちろんよくないですし、1.5cm以上出てしまってもバランスが悪くなります。
この基本をおさえるだけで、スーツの見栄えがぐっとよくなります。

最近よく見かけるのが、シャツの袖が短すぎて(手首の出っ張った骨くらいの位置)、それを基準に上着の袖を調整してしまいつんつるてんな印象を与えてしまうパターンのものです。
袖は微妙な長さの違いで、印象がまるで変ってしまう部位なので注意が必要です。

基本的には自分の体に合ったブランドやメーカーを見つけてそこでシャツを買うようにして、それに合わせてスーツの上着の袖を直すと調整しやすいのでオススメです。

また、シャツの襟首の部分にも気を配る必要があります。

後ろから見たときに、上着の襟の部分からシャツが1.5cmほど出ているのが、適正なシャツのサイズになります。袖と同じだけの長さを出すことによって、全体のバランスがよくなるというわけです。

この2つのポイントを守ることによって、スーツの見栄えがよくなるだけでなく、スーツの袖や襟が汚れずに長持ちするという実用的なメリットを得ることもできます。

シャツの襟はセミワイドかワイドが今風

最近のシャツの襟は、セミワイドやワイドのものが人気があります。
定番のレギュラーカラーもありますが、襟の角度の狭いものは、少し古くさいイメージがあります。

適度に角度の広いもののほうがネクタイの結び目もきれいに出るので、これからシャツを選ぶ際にはこれらのものを中心にそろえることをオススメします。

襟がワイドなシャツを着るときのポイントとして、襟先をしっかり上着の上襟(カラー)に隠す、ということがあげられます。
たまに意識的か無意識的かわかりませんが、襟先が上着の襟にかかっている方を見かけますが、ビジネスの場においてはふさわしくありません。

ビジネスで着るなら個性的なデザインのシャツは選ぶべからず

ビジネススーツはわかりやすい変化をつけにくいスタイルなので、シャツを個性的にしてオシャレをしようとする方がいます。

デザインが個性的なシャツとは、たとえばボタンやボタンホールの色が派手だったり、二枚襟(ダブルカラー)だったり、ステッチが入ったものだったりといった感じのものです。こういったシャツはビジネスには不向きなので、避けたほうが無難です。

ボタンダウン(シャツの襟先をボタンで留めるタイプのもの)に関しては、ビジネスの場において着用されることも増えてきたように見受けられます。しかしながら、ボタンダウンは元々乗馬競技のポロにヒントを得て生まれたデザイン(風に煽られても襟がめくれないので邪魔にならない)であり、特にオーソドックスなボタンが正面から見えるタイプのものはカジュアル感が強いので、フォーマルな場や大事な商談ではノーマルなカラーのシャツを選ぶようにしましょう。

また、カジュアルで着ているきれいめのシャツをビジネスでも着ている方がたまにいますが、ビジネスのものとは襟の大きさや硬さが異なるので、スーツに合わせると違和感が出てきてしまいます。

ビジネスはビジネス、カジュアルはカジュアルで分けて考えましょう。

 

スーツスタイルは一見違いがわかりにくいものですが、見た目の派手さではなく、ここで紹介したシャツのサイズ感だったり、襟の開きの違いなど、微妙な差異の積み重ねでスタイリッシュさを出していくものです。

ちなみにタイトルで使った「ワイシャツ(Yシャツ)」という単語は、ホワイトシャツを縮めた和製英語です。検索のことを考えてそういう表記にしてみましたが、正しくはただの「シャツ」です。

スポンサーリンク