30代・40代メンズがはいてはいけないNGジーンズ8選&オススメのジーンズ

ジーンズのディスプレイ

かつてブルージーンズ(ジーパン・Gパン・デニム)はカジュアルパンツの王様で、ジーンズかそれ以外、というほどに人気がありました。

ヴィンテージやデッドストック、赤耳等、デザイン以外の部分にも注目が集まり、信じられないような高値で取引されたほどです。

ところが最近では若者のジーンズ離れが顕著で、ここ10年で生産量が3割も減少しています(日本ジーンズ協議会調査)。
カジュアルパンツの多様化が、ジーンズ一択の時代を終わらせたのだと考えられます。

たとえばジョガーパンツなどスウェットパンツの類いは、昔だったらスポーツをするときかパジャマ代わりとしてはくものであって、街に出て歩くためのものではなかったはずです。それが現在では、オシャレなストリートスタイルのパンツとして認知されるようになっています。

と、ジーンズのネガティブな話からはじまってしまいましたが、ジーンズ自体のファッションアイテムとしての価値はまだまだ健在だと思います。

ジーンズが下がったというより、ほかが上がったと考えられるからです。

そんなジーンズですが、現在ではシルエットのタイプや色落ち加工など、さまざまな種類が存在します。

そのなかで、30代・40代の大人の男がはいてはいけないジーンズ、そしてはくべきジーンズについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

NGなジーンズ8選

・クラッシュジーンズ

クラッシュジーンズ

クラッシュジーンズとは、膝や腿のあたりが大きく破けた加工がされているダメージジーンズのことです。クラッシュデニムとも呼ばれます。

トレンド感のあるアイテムですが、「大人の落ち着き」とは真逆のデザインです。

男性の場合は穴から足の毛が見えてしまうので、女子ウケもあまりよくありません。

・ピチピチのスキニー

スキニージーンズ

足のラインがまるわかりなレベルのピチピチのスキニーがありなのは20代前半までです。

頭が小さく上半身と下半身のバランスがいいスタイルの方なら似合いますが、そうじゃない場合は全体のバランスがいびつで下半身が貧弱に見え、頼りがいのない感じに見えてしまいます。

テーパードタイプでそこまで細くないスキニーは問題ありません。

・中途半端なユーズド加工のジーンズ

ユーズドジーンズ

それほど色落ちしていないくすんだ色のジーンズに、中途半端なヒゲや腿のアタリ(色落ち)加工がされているジーンズは、オシャレ度を下げてしまうアイテムです。

ファッションに気をつかっているのにどこかあか抜けないと感じるときには、このジーンズがネックになっている場合がよくあります。

・ケミカルウォッシュ

ケミカルウォッシュのジーンズは最近になって見直されてきて、ファッションアイテムとして取り入れられていますが、大人のアイテムとしては避けておいたほうがいいでしょう。

というかどうしてあそこまでダサいアイテムの代名詞として嫌われたのか、今となっては不思議ですね。

・ダボダボの腰ばきジーンズ

さすがにもういないとは思いますが、ダボダボなジーンズの腰ばきはNGです。

ジーンズは基本的に腰ではくものですが、NGの腰ばきとは下着が見えるレベルでジーンズを下げてはくことを指します。

ダンサーもヒップホッパーもスケートボーダーも、今やスリムフィットのジーンズをはく時代になりました。

・ステッチやハトメがたくさん入っているジーンズ

ステッチジーンズ

過度に装飾されたデザインは、大人の男には似合いません。

ジーンズを選ぶ際は、シンプルでオーソドックスなものにしましょう。

・ボタンフライが表に出ているジーンズ

ボタンフライのジーンズ

上と同じ、過度に装飾されたものです。

・ベルボトム

ボヘミアンスタイルや70sリバイバルなどで復活の兆しのあるベルボトムですが、その流行は女子を中心としたものです。

男性でこれを取り入れている人は、ファッションに強いこだわりがある人というイメージなので、paulieではオススメしません。

大人の男を格上げするのは、シンプルさと控えめさを基本としたファッションです。

スポンサーリンク

ジーンズの裾の長さ

ジーンズの裾をどのくらいの長さにするかについてですが、ずるずると引きずるほど長いのがNGなのは言うまでもありませんが、最近流行りの短めの裾もあまりオススメできません。

短めの裾というのはトレンド感があるがゆえに、1年後、2年後には古くなっている可能性があるからです。

ジーンズの裾は、定番の踵から指一本分上の長さあたりを目安にするのがいいでしょう。

細いシルエットのジーンズは、それより短めでもいいです。

ジーンズを裾上げする際の注意点

裾上げする際には注意点が2つあります。

ひとつ目はノンウォッシュのジーンズについてです。

ノンウォッシュのジーンズは洗濯によって生地が縮むので、裾上げはそれ以上縮まない状態になってからするようにします。
一度洗濯した後に乾燥機に入れると、完全に縮ませることができます。

2つ目は色落ち加工がされたジーンズについてです。

裾の部分に縦じまのアタリ加工がされたものを裾上げすると、せっかくのアタリがなくなり不自然になってしまいます。

裾上げしたものをアタリ出し加工してくれるお店もありますが結構な値段がしますし、自分でコンクリートにジーンズの裾を打ちつけてアタリを出すのも手間がかかります。

色落ち加工がされたジーンズを購入する場合は、できる限り自分のレングスにあったものを選ぶか、もしなかった場合は少し長めのものにしてロールアップするようにしましょう。

ちなみにロールアップは一回だけ、長くとも3cmくらいにとどめておくのがオススメです。

30代・40代にオススメのジーンズ

NGなジーンズを見ていくと、自然とはくべきジーンズも見えてきます。

・シルエットがダボダボなのは避けて、下半身をすっきり見せられるスリムフィット、もしくはピチピチすぎないテーパードタイプ(腿は多少余裕があり、膝から足首にかけて細くなるもの)のスキニー

・中途半端なユーズド加工のされていないもの

・装飾のためのステッチなど、デザインされすぎていないもの

これらの条件を満たすジーンズなら、カジュアル過ぎず、ジャケットと合わせるなど大人のスタイリングが可能です。

ブルックスブラザーズ(BROOKS BROTHERS) スリムフィットデニムパンツ
販売: ブルックスブラザーズ(画像をクリックするとブルックスブラザーズのサイトに移動します)
スリムフィットの5ポケットデニム。
動きやすいストレッチ素材を採用しています。

来年で創業200年を迎えるアメリカントラディショナル(アメトラ)の老舗「ブルックスブラザーズ」。

このジーンズは、ブルックスブラザーズのクラシカルなスタイルに現代的な視点を取り入れた「Red Fleece(レッドフリース)」コレクションのもので、ジャケットにも合わせられるスタイリッシュさがあります。

スリムフィットでありながら細すぎないシルエットに、大人の男の落ち着きが感じられます。