【男の日焼け止め】ニベアメンUVプロテクターとニベアサン高密着ケアUVミルキィジェルを比較してみた

顔にクリームを塗る男性

7月、8月と厳しい暑さが続きますが、日焼け対策をしていますか。

今はもう男性だから日光に当たりっぱなしでもOKという時代ではありません。日焼けはシミの原因になり、紫外線によって肌の老化は促進されます。
夏の厳しい日射しには、日焼け止めで対処しましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めの基本 – SPFとPAの意味

ドラッグストアにはさまざまな日焼け止めが売られていますが、どの商品にも記載されているのが「SPF」と「PA」の記号です。これらはどれくらい日焼け止めの効果があるかを示しています。

紫外線(UV)は、その波長の長さでUVA、UVB、UVCの3種類に分かれます。
Aは波長が長くCは短いのですが、肌へのダメージは波長が短いUVCがもっとも大きいです。
ただしUVCはオゾン層で吸収されるので、日常生活においてはUVAとUVBの対策が必要になります。

SPF

日焼け止めに記載されているSPFは、紫外線のうちUVBをどれくらい防止できるかを表した数字です。

UVBは、肌が真っ赤になるような短期的な日焼けをもたらし、シミの原因になります。
SPF値は1~50+まであり、数字が大きくなるほど効果が高くなります。商品としてよく売られているのは25、35、50、50+の値のものです。

PA

PAは、UVAに対する効果を示したもので、+記号で4段階に分かれます(++++が最大)

UVAは波長が長く肌の奥まで届き、長い時間をかけ肌にダメージを与え張りを失わせ、シワやシミの原因になります。

男性の日焼け止めに適したもの

日焼け対策を考える男性というのは、おそらく炎天下での作業やスポーツなど、長時間直射日光を浴びるような状況にある方だと思います。通勤で会社に着くまでのあいだの日焼けを気にする方はそんなにはいないはずです。

その観点からいうと、日焼け止めの効果レベルはマックスで、なおかつ汗や水に強いウォータープルーフタイプのものがオススメです。

日焼け止めは効果が高いものを一回塗ればいいというわけではなく、こまめに塗り直すことが大切なのですが、男性の場合、化粧直しの習慣もありませんし、朝に塗ったら一日そのままという方が多いのではないかと思います。さらに男性は、女性と比べると汗をかきやすいです。
そういったことを考慮すると、上で述べたような効果が強く取れにくいものがもっとも適しているといえます。

ニベアメンUVプロテクターとニベアサン高密着ケアUVミルキィジェル

男性用日焼け止めで探すと、真っ先に見つかるのが「ニベアメンUVプロテクター」です(以下ニベアメン)。
SPF50+&PA++++と効果はばっちりで汗にも強く、男性向けスキンケア用品として定評のあるニベアメンのブランド力もあります。

私も最初は、男性向け日焼け止めといったらまあこれだろうな、と思っていたのですが、汗や水に強いタイプの日焼け止めをさらに探してみると、同じニベアの「ニベアサン高密着ケアUVミルキィジェル」(以下ニベアサン)が目にとまりました。

日焼け止め効果はニベアメンと同じくSPF50+&PA++++でウォータープルーフ。価格はニベアサンのほうがやや安いです。

容量はニベアメンが40mlに対し、ニベアサンは80g。
家にあったキッチンスケールで容器ごと量ってみると、ニベアメンが約60gに対してニベアサンは約100g。ニベアサンの容器のほうが大きいのでその分重くはなりますが、それを差し引いてもニベアサンのほうが圧倒的に容量があります。

同じ効果で値段も安く、それでいて容量は大きい、そう考えるとニベアサンを選んだほうがどう考えてもいいような気がしてきます。

というわけで両方買って比べてみました。

ニベアメンとニベアサンの比較

ニベア-日焼け止め

NIVEA MEN UVプロテクター(左)とNIVEA SUN 高密着care UV milky gel(右)

塗りやすさ

色はどちらも同じ白で、ニベアメンのほうは水分が多くローションといってもいいくらいパシャパシャな感じがします。ニベアサンのほうはそれと比べると粘度のある液体です。
どちらもよく伸びて塗りやすく、ベタつきもありません。

ニベアメンはしっかり振ってから出さないと、分離した水分だけ出てしまうので注意しましょう。

匂い

無臭なニベアサンに対し、ニベアメンは若干化粧品の匂いがします。ニベアのクリームのような匂いです。
匂いがするといっても、塗ったあと少し経つと匂いが飛んで気にならなくなります。

効果

ニベアメンとニベアサンを顔の左右に半分ずつ塗って(笑)炎天下のなか過ごしてみましたが、どちらもしっかり日焼け止めの効果を感じられました。
というか同じ会社の商品で効果測定の基準も同一だと思うので、差はないといっていいと思います。

ただ、顔に塗ったあと手に残ったジェルを腕に塗ったのですが、その部分はちょっと日焼けしてしまったので、絶対に日焼けしたくない部分には、厚めに塗ることをオススメします。

落ちにくさ

二つともしっかりウォータープルーフ効果はありました。
顔に塗ったあと手を洗ったのですが、手のひらの日焼け止めが付着したところを水が弾いていましたし、ハンドウォッシュを使ってもなかなか泡立たなかったので、ちょっとした汗で落ちることはないでしょう。

白残り

塗ったあとが白っぽくなるかどうかですが、これについてはニベアサンのほうが若干白残りがありました。個人的には肌の色が少し明るく見えるのでこれはこれでありかなと思ったのですが、白残りをどうしても避けたいという方はニベアメンのほうがいいと思います。

クレンジング

ちょっと迷うのが日焼け止めの落とし方についてです。
ニベアメンには“顔は洗顔料、からだは全身洗浄料などで、ていねいに洗ってください”と書かれており、ニベアサンには“顔はメイク落としなどで、からだは全身洗浄料などで、ていねいに洗ってください”と書かれています。

ニベアメンが洗顔料で落とせるのに対して、ニベアサンはメイク落としを使わなければいけないのかと思ったのですが、実際は洗顔料でも丁寧に洗えば落とせます。
というかニベアサンには“専用クレンジング不要”とも書かれていますし、体に関してはどちらも“全身洗浄料などで”と書かれていることから、落としにくさに関してそこまで違いはないと思います。

結局どちらを選ぶべきか

試してみた結果、効果の面ではこの二つの商品に大きな違いはないので、夏を通してたっぷり使いたいという方はコスパに優れるニベアサン高密着ケアUVミルキィジェルのほうがオススメです。

白残りは絶対に避けたい、あるいはニベアメンブランドに惹かれるという方は、ニベアメンUVプロテクターがいいと思います。ニベアメンのほうが容器が小さいので持ち運びが便利という利点もあります(といってもたいして差はありませんが)。

 

以上、男の日焼け止めについてでした。

今回紹介した商品は、どちらも日焼け止め効果が高く汗でも落ちにくいものですが、本気で日焼けを防ぎたいなら一度塗っただけで安心せずに、こまめに塗り直すことをオススメします。

日焼け止めはスキンケアの基本です。紫外線を防いで30代以降もきれいな肌を保ち続けましょう。

スポンサーリンク