【レビュー】無印のオーブントースター・横型を購入! 縦型との比較

無印良品 オーブントースター・1000W

「無印良品 オーブントースター・縦型」を9年間使い続けてきたのですが、真ん中のヒーターがつかなくなってしまったので、買い替えることにしました。

無印良品 オーブントースター・縦型(2013年購入)
型番:KOS-R101

引越ししてキッチンスペースも十分あるので、今回は横型にすることに。白色でトーストを焼くだけのシンプルなものを探して、結局「無印良品 オーブントースター・1000W」(型番:MJ-OT10B)に決めました。

スタイリッシュなデザインの「パナソニック オーブントースター NT-T501」も候補だったのですが、無印のものより値段が倍近くしますし、食パン4枚焼きも必要ないなと思い、やめておきました。

無印良品 オーブントースター・1000W

無駄のないシンプルな外観です。

無印良品 オーブントースター・1000W・横型
3,990円(税込)

 

付属品は、ピザやグラタン調理のときに使うトレーのみ。

トレー(幅24.5×奥行21cm)

 

個人的によく食べるPascoの超熟山型が2枚ぴったり入ります。

庫内有効サイズ:幅27.3×奥行22×高さ7cm

 

1000Wで、温度は80℃から230℃まで設定できます。

5分以下に設定するときは、一度6分以上にツマミを回してから戻します

 

230℃で3分弱焼いた結果がこちら。

しっかり焼き色をつけてみました

裏面もきれいに焼けています

 

パンくず受け皿は本体下から引き出すだけなので、簡単に掃除ができます。
庫内の焼網も取り外し可能です。

本体下から引き出すだけ

横型と縦型の比較

縦型から横型にして思ったのですが、キッチンに置いているもの(炊飯器等)で高さのあるものはほとんどないので、横型のほうが設置したときにほかのキッチン道具と高さがそろって視覚的にすっきりして見えます。自分の環境においては横型を選んで正解でした。

設置場所によっては横型のほうがすっきりして見えます

まあどちらもサイズ的にはコンパクトですし、同じ1000Wで焼き加減も変わらないので、どちらを選ぶかは置く場所次第といった感じです。

ちなみに現行品の「無印良品 オーブントースター・縦型」(型番:MJ-OTL10A)は、ネットストアでは取り扱いなしになっていて、「店舗在庫を確認する」をチェックしてみても、在庫のある店舗は現在博多の1店だけしかないのですが、無印の実店舗に行ったら普通に店頭に置いてありました(都内)。

公式サイトでは販売終了になっているので、もしかしたら今店頭にある在庫がはけたらもう復活しない可能性もあります。縦型がほしい方は今のうちに。まあ新型が出る可能性もありますけども。