【レビュー】ミスティフィ オイルスプレー ローファットダイエットの味方

ミスティフィ オイルスプレー レビュー

趣味で筋トレをしていて、これまでただ体を大きくすることだけを考えてきたのですが、ここにきて心境に変化が生まれ、少しダイエットをしてみることにしました。目標体重とかはなく、ただ体重が多少下降曲線になればいいかなくらいの感じですけども。

ダイエットにはさまざまなアプローチがありますが、今回は王道のローファットダイエットをしてみることに。その名の通り、脂質をできるだけカットするダイエット法です。

脂質の少ない食材を選ぶのは当然として、調理時に使用する油もできるだけ少なくしようと、今回オイルスプレーなるものを買ってみました。

オイルスプレーはオイルがミスト状になるので、一回に使用する油の量が非常に少なく済みます。これはまさしくローファットダイエットにうってつけのアイテムといえます。

ミスティフィ オイルスプレーについて

今家にあるオリーブオイルを移し替えて使えるタイプを探したのですが、オイルスプレーは種類がそれほど多くない上に、オイルが霧状にならないなど評判があまりよろしくないものも結構ありました。

そんな中、評価が高かったのが、今回紹介する「ミスティフィ オイルスプレー」です。
値段はほかの詰め替え式のものより高めなのですが、安いものを買って失敗するよりかはいいだろうと購入してみました。

ミスティフィ オイルスプレー
ネスの夕焼け FS635

デザインは6種類あり、その中から今回は「ネスの夕焼け」をチョイス。
ほかのものと比べて色が濃かったので、遮光性が高いかなと思いまして。オリーブオイルは光の影響を受けやすいですしね。配色もグラデーションがあってスタイリッシュでかっこいいです。

ミスティフィのサイズ

下部のガラス瓶の直径は5.7cm
全体の高さは20cm

本体のほかに、説明書とオイルを区別するためのラベルが同梱されていました。まあオイルを入れるだけなので読む必要はありませんが。

ミスティフィの説明書とラベル

上部は普通の霧吹きとは異なる特殊な構造をしています。中央の太い部分が、水よりも粘度の高いオイルをミスト状にするための機構になっていると思われます。

オイル吸い上げ部分の構造

ちなみにワンプッシュ(レバーを引ききった状態)で約1gのオイルが出ます。

ミスティフィ オイルスプレーを使ってみた

まずはボトルにオイルを移し替えます。

容量は最大150ml

いざフライパンにプッシュ。

※ミスト状になった油に引火する可能性があるので、ガスコンロの場合は火をつける前にスプレーしましょう。

フライパンの直径は26cm

プシュッという音とともにオイルがミスト状に出るには出たのですが、オイルスプレーとフライパンの距離が近すぎたようで、きれいに油が広がりませんでした。

oh…

今度は少し離れたところからやってみます。

少し離れたところから

最初と比べてしっかりとフライパンに油を広げることができました。

わかりにくかったのでオイルがかかったところを白線で囲みました

ただし画像を見るとわかるように、このオイルスプレーは横長の楕円形に油が広がります。
そのためワンプッシュで、円形のフライパン全体に油を広げることはできません。

フライパン全体に油を広げるには、結局フライパンを持ち上げてまわす必要があります。といっても油はある程度広がっているので、フライパン全体に広げるのはそれほど面倒ではないです。

このオイルスプレーの優れた点は、液だれがないことです。オイルを使うたびに噴射口まわりを掃除するのは手間ですしね。

油が垂れそうで意外と垂れない噴射口

とはいえ中途半端にレバーを引くと液だれするので注意が必要です。完全に引き切る必要はありませんが、ある程度勢いをつけてレバーを引くことで、液だれを防ぐことができます。

あとがき

ミスティフィ オイルスプレーを買ってから2週間ほどたちましたが、思った以上に便利です。

これまでのように、オイルのボトルのふたを開けて、出しすぎないように調整しながら垂らし、ボトルのふたを閉める、という作業がなくなったのは大きいです。ふたもないですし、加圧の必要もなく、フライパンに向けてプシュッで終わりですからね。しかも出てくる油はたったの1g

ワンプッシュでフライパン全体に広がらないのは想定外でしたが、その点を考慮に入れても、上記の利便性があるので買ってよかったと思っています。

あとはローファットで痩せるだけ!