フランス料理のテーブルマナー – 基本をおさえて食事を楽しもう

レストランでのカップル

フランス料理などの高級レストランでは、マナーに沿った振る舞いが求められます。

そのなかでも特にテーブルマナーは、よく知らない方にとっては身構えてしまうものの代表だと思います。

今回はそんなテーブルマナーの基本について解説していきます。

スポンサーリンク

カトラリーの使い方

ナイフ・フォーク・スプーンなどの、食事に使う器具のことをカトラリーといいます。

並べられたカトラリー

並べられたカトラリー

コース料理では、カトラリーはテーブルにずらりと並べられている場合と、料理ごとにセッティングされる場合があります。

前者の場合は、両方の外側のものから順番に使っていきましょう

左手にフォーク、右手にナイフを持つのが基本です。左利きでもそれは変わりません。

ナイフとフォーク、どちらもグーで握るのではなく、人差し指をカトラリーに沿って軽くのばして使うようにします。カチャカチャと音を立てないように気をつけてください。

ナイフとフォーク

ナイフとフォークの持ち方

カトラリーは基本的にすべて使うのがマナーなので、フォークだけで食べられそうと思っても、ナイフがセッティングされていたらそちらも使うようにしましょう。

・メインディッシュの食べ方

メインディッシュは肉か魚になると思います。

どちらの場合も最初にすべてを切り分けずに、左側からひと口サイズに切って食べていきます。

魚の場合は先に骨をはずしますが、そのときに魚をひっくり返すのはNGなので気をつけましょう。

・カトラリーを落としても自分で拾わない

食事中にうっかりカトラリーを落としてしまったときは、自分で拾わないようにします。

高級店の場合は、スタッフがつねに客に注意を払っているので、なにも言わずともすばやく新しいカトラリーに交換してくれます。もし気づかない場合は、声を出して呼ばずに、目配せして来てもらうようにしましょう。

・ナイフとフォークの置き方

ナイフとフォークの置き方-1

食事途中のナイフとフォークの置き方

食事中にナイフとフォークを置くときは、皿にハの字に置きます。このときフォークは背の部分を上にします。

ナイフとフォークの置き方-2

食事後のナイフとフォークの置き方

食事が終了したときは、フォークを右手前に斜めにそろえて置きます。

どちらの場合も、ナイフの刃を相手に向けないよう自分側に向けて置きましょう。

パンの食べ方

パンはナイフとフォークを使わずに、手づかみでOKです。

パン用の皿が用意されることがほとんどですが、もしない場合はテーブルクロスにそのまま置いてもかまいません。

パンは最初から用意されている場合もありますが、食べるタイミングは料理が運ばれてきてからです。料理が運ばれてくる前に、パンだけを食べないようにしましょう。

ひと口分をちぎり、バターナイフを使ってバターを塗って食べます。まるかじりはNGなので気をつけてください。

パンをちぎって食べると、テーブルクロスにパンくずが落ちてしまいますが、それを自分で集めて片付ける必要はありません。メイン料理のあとに、お店のスタッフが専用の器具を使ってきれいにしてくれるのでそのままにしておきましょう。

スープにパンを浸したり、カップの底に残ったスープをパンを使ってすくいとることはNGマナーです。

皿に残ったソースをパンで拭って食べるのは、料理がおいしいことを表し料理人にとってもうれしいことなのでOK、という意見もありますが、すべての人の共通認識になっている行為ではないのでこれも避けておいたほうがいいでしょう。

フィンガーボウルの使い方

フィンガーボウルとは水の入ったボウルのことで、手を使って食べなけれなばらない料理のときに、指先を洗うために用いられます。

使い方がわからずにその水を飲んでしまったという古典的なネタがよく知られているので、なんのための水なのか知っている人は意外と多いかと思います。

フィンガーボウルは両手を入れずに、片手ずつ、指先だけをそっと入れて洗います。

濡れた指はナプキンで拭いましょう。

スープの飲み方

スープの飲み方にはイギリス式とフランス式の二通りがあります。

イギリス式はカップの手前から奥にスプーンを動かしてスープをすくうスタイルで、できるだけスプーンを口のなかに入れないようにして、スプーンの横からスープを飲みます。

一方、フランス式はスプーンを横から中央、もしくは奥から手前に動かし、スプーンの先からスープを飲むようにします。

どちらの場合もスプーンをカップの底に沈めずに、浅く入れてスープをすくうようにしましょう。
もちろん音を立ててすするのはNGです。

イギリス式とフランス式、このどちらを採用するかについてですが、日本においてはフランス料理なのだからフランス式にすべき、という意見が多いようです。

もっとも日本においても、スープは手前から奥にすくうスタイルでいいとするマナー指南書もありますし、英語圏のマナーサイトでは、スープの飲み方にフランス式やイギリス式という区別はなく、手前から奥にすくうスタイルでほぼ統一されています。

というわけで、どちらもまちがいではないものの、日本でフランス料理を食べるときは、大勢に従ってフランス式を採用するのがいいのではないかと思います。

スープを飲み終わったら、スプーンを受け皿の奥に上向きで置きましょう。

レストランでのナプキンの正しい使い方とマナーをおさえておこう

高級レストランでやってはいけないマナー違反14選

高級レストランで女性を喜ばせるエスコートとレディーファーストの仕方

 

スポンサーリンク