【レビュー】アレキサンダーワン×ユニクロのエアリズムTシャツを買ってみた【メンズ】

ユニクロ×アレキサンダーワン-エアリズム

ユニクロとアレキサンダーワンのコラボの第2弾が発売されました。

実際には10年くらい前に一度コラボしているので第3弾なのですが、まあその辺の細かいことは置いておきます。
前回のヒートテック(←過去記事です)からの流れで、今回はエアリズムを使ってのコラボです。

今回のラインアップ

メンズのラインアップは4点。
レディースの半分以下の商品数、しかもベーシックなデザインのもののみです。
もうちょっと力を入れてくれても……。

・エアリズムクルーネックT(半袖)(¥1,500)

色はホワイト、オフホワイト、ブラック、ブルーの四種類。
ブラックとブルーは少し光沢があるように感じます。
ネックラインが一般的なTシャツよりも太めです。

エアリズムクルーネックT ブルー

エアリズムクルーネックT
発色のいいブルーです

・エアリズムタンクトップ(¥1,500)

ネックとアームホールのラインが太いのが特徴です。
クルーネックTのほうもそうなのですが、オフホワイトはメランジっぽい霜降り感があります。

エアリズムクルーネックT オフホワイト

オフホワイトは霜降り調

・エアリズムボクサーブリーフ(¥990)

通常ラインのレギュラーサイズと同じような感じです。
値段も変わらないので、普段レギュラーのボクサーブリーフを履いている人は試しに買ってみてもいいかもしれません。

・エアリズムブリーフ(¥990)

オンラインでは大きいサイズ以外はほとんど品切れになっています。店頭でも見かけませんでした。
ヒートテックのときはここまであっというまな感じではなかったような。
数を絞っているんですかね。

エアリズムクルーネックT ホワイトを買ってみた

エアリズムクルーネックT ホワイト

今回購入したのは「エアリズムクルーネックT(半袖)」のホワイト。
172cm/64kgで、Mサイズです。

カットソーの首元や裾からチラ見せできる白いインナーを探していて、ちょうどワンコラボが発売されたばかりだったのでものは試しと買ってみました。

このTシャツは、表地がコットンで裏地がエアリズムという新しい素材を採用しています。
今回エアリズム史上最も軽量、かつ薄いものを開発したらしいのですが、これはレディースのボディスーツなどに使われているもので、メンズのほうは表地がコットンのため、そんなに軽くも薄くも感じません、

デザイン的にはリラックスシルエットで、ドロップショルダーというほどではないですが肩幅は広く、袖口も大きめです。

一見普通のTシャツに見えますが、ディテールにアレキサンダーワンらしいコダワリが……

……特にないような……。

ヒートテックのような中央を縦断する切り替えや、背中側だけのラグラン切り替えといったデザイン面でのわかりやすい特徴はありません。太めのバインダーネックくらいですかね。

レディースのほうは丸胴でサイドの継ぎ目をなくしたり、裾や袖に特殊なステッチを施したり、デザイン的に凝った作りになっていて、メンズとの差を感じます。

アレキサンダーワンのロゴ

左裾にはアレキサンダーワンのロゴ

・意外と透けない白T

白Tといえば必ず問題となるのが「透け」についてです。
このTシャツは表地と裏地の素材が違うためか意外と透けず、一枚でもなんとか着られそうな感じです。

もちろん肌にぴったり貼り付かせるとそれなりに透けはしますが、リラックスシルエットなのでピタピタになることはないと思います。
ただ一枚で着るとポチッとするかもしれません(笑

白Tで透けやポチを完全に防ぐには、ユニクロUのTシャツのようなヘビーウェイト(厚手)のものを選ぶしかないですね。

以上「アレキサンダーワン×ユニクロのエアリズムTを買ってみた」でした。

正直なところ、アレキサンダーワンのデザインを堪能できるTシャツとはいえません。ただ、表からはコットンTシャツに見えて、裏地はサラサラのエアリズム素材で吸放湿性に優れているというのは地味にいいです。

ぱっと見普通のTシャツで、物欲を刺激するようなものではありませんが、質のいいインナーを求めている方にはオススメできるアイテムです。

SNSでこの記事をシェア