クラークスのクレープソールを靴修理店でビブラムに交換してもらったよ

クラークス デザートモンクのソール交換

クラークス(Clarks)」は、1825年にイギリスで創業した老舗の靴ブランドです。
これまでにデザートブーツワラビーなど、数々の人気シューズを世に出してきました。

私はクラークスの「デザートモンク」を所有しているのですが、先日そのアウトソールを靴修理屋さんで交換してもらいました。工作的なものは可能な限り自分でやる派なのですが、さすがに靴のソールの張り替えは、DIYでなんとかなりそうな範疇を超えています。

今回は、張り替えの経緯とその結果について紹介します。

クレープソールのデメリット

クラークス デザートモンク
10年前に購入したのですが、今はもう製造されておらず、結構レアらしいです。

クラークスといえば、天然ゴムを使ったクレープソールが有名です。
クレープソールは適度な弾力性があり、クッション性もよく、足を入れたときに足の形に合わせてすっと沈むような、抜群の履き心地をもたらしてくれます。

しかしこのクレープソール、大きなデメリットもあわせ持っています。
それは……

すぐに汚くなる

ということです。

履いてすぐに底は真っ黒になります。そしてソールの側面も次第に汚れて黒くなっていきます。時間が経つにつれクレープソールがベタつきはじめ、道に落ちているゴミや髪の毛などが底に貼りつくようになります。この汚れはタワシでこすっても落ちません。

汚いし、ベタつくし、重いし、最初のころにあったグリップ感もなくなっていくし……、そんなふうにクレープソールへの不満がどんどん溜まり、履く機会が減っていき、そしてシューズラックの奥にしまわれる、という末路を迎えがちです。

ソールはそれほどすり減っていないのですが、とにかく汚れがひどいです。

私はデザートモンクのほかに、サンドスエードのデザートトレックも持っていたのですが、ソールの汚れがひどくなり、こちらについてはソールを張り替えることもなく捨ててしまいました。まあデザートトレックに関してはアッパー部分もかなり汚れていて、もう手のつけようがなかったからなのですが。

デザートモンクはアッパー部分の状態は悪くなかったので、どうにかして履けないかなと色々と調べてみたところ、オールソール交換という選択肢があることがわかりました。

ソールはVibram 4014に決定

ソールの張り替えをやってくれる靴修理店はたくさんありましたが、その中で私が選んだのは「アンパサンド」さんです。
クラークスのクレープソールの張り替えを数多くやっているということのほかに、ブログを見て、靴や鞄など、革製品の知識が豊富で技術もすごく高いと感じたからです。

ソールの種類は、Vibram(ビブラム)4014と踵のあるレザーソールのどちらにしようかかなり迷いましたが、どんなファッションにも合わせやすく、ハードに履いても大丈夫そうなVibram 4014アイボリー色に決めました。

Vibram #4014 アイボリー

アンパサンドさんは店頭営業日がかなり限られているので、基本的にはサイトのお問い合わせフォームから連絡&見積もりを取ってもらって、その後郵送、という流れになります。

ソールが新しくなった新生デザートモンクが到着!

ソールの張り替え依頼をしてからおよそ一か月半、ついに生まれ変わったデザートモンクが届きました。

ソールを張り替えたデザートモンク

かっこよし!

Vibram 4014にして正解でした。
アイボリー色のソールが、ベージュのアッパーと調和しています。

横から見たデザートモンク

ソールとアッパーの色の組み合わせもバッチリ

靴の重さは、クレープソールのときが480gだったのに対してVibram 4014では520g。これは正直意外で、Vibram 4014の見た目からして、もっと軽いものだと思っていました。
もっとも実際に履いてみて重さの違いは感じませんでしたが。

表面が剥げてきていたインソールも交換してもらいました。
オリジナルのインソールのデザインは味があってかっこよかったので迷ったのですが、ここまで剥げてしまうとこの先どんどんその範囲が広がり、結局交換することになると思うので、このタイミングで交換するのが正解かなと。

デザートモンクのインソール

傷んだインソールを交換

履き心地は正直いって、クレープソールのあのフワフワとした絶妙な感触には及びません。まあそれははじめからわかっていたので問題なしです。
硬めのインソールですが、これから履き続けることで、足の形に徐々にフィットしていくと思います。

ソール張り替えの費用

ソール交換の値段は14,000円でした。これは靴の種類や状態、張り替えるソールによって変わってくると思います。

靴修理のサイトをいくつか調べてみましたが、相場もだいたいこれくらいかなと思います。ただオールソールは〇〇円〜、という感じで、個別に具体的な料金を出しているところは少ないですね。

オールソール交換を検討している方は、まずはサイトから問い合わせてみるのがいいと思います。

まとめ

ソールを張り替えたことで、ほとんど新品の靴のような感じに生まれ変わりました。

修理を検討していたときに、ア ベイシング エイプ × クラークス オリジナルズ(A BATHING APE x Clarks ORIGINALS)のコラボデザートブーツが出ることを知り、修理せずにそっちを買おうかなとちょっと思ったのですが(笑、結果としてデザートモンクを修理して後悔なしです。

クレープソールが汚れてみすぼらしくなりシューズラックにしまいっぱなしの方は、ぜひオールソール交換を検討してみてください。

クラークスの名作「デザートブーツ」。こちらはゴアテックスを使用し、オールウェザーに対応したタイプです。クレープソールではないのでソールの劣化の心配もありません。