メンズの正しい化粧水・乳液の使い方 – 30代・40代のスキンケア

スキンケア

30歳を過ぎてふと鏡を見て、ちょっと老けたかなあ、と思うことってありませんか。

その原因は肌が老化し、キメが粗くなることにあります。
男性の場合、紫外線対策をしていなかったり、ヒゲを剃ったりと、肌にダメージを与える機会は意外と多くあるものです。

今は男性もしっかりスキンケアをする時代。正しいやり方を身につけて、ハリのある肌をキープしましょう。

スポンサーリンク

スキンケアでもっとも大切なのは「保湿」

加齢により肌から水分が失われていきます。それを補うにはなによりも保湿が大切です。

自分は脂っぽいから余計なものをつけなくてもいいや、と思う男性もいるかもしれませんが、脂っぽい肌というのは洗顔後になにもつけないことによって、肌が皮脂を余計に出すことから起こる場合もあります。洗顔後のスキンケアで、オイルコントロールをしましょう。

使う順番は「化粧水」の後に「乳液」

スキンケア商品にはさまざまな種類があってどれを選べばいいか迷うかもしれませんが、「化粧水」と「乳液」、この二つをそろえれば大丈夫です。

化粧水は、乾燥した肌にうるおいを与えます。

よく化粧水で肌に水分補給、などといわれますが、実際のところ化粧水が肌の奥深くまで浸透して水分を蓄えるなどということはなく、あくまで肌の表面を整える効果をもたらすものです。

乳液は、化粧水によってうるおった肌の保湿を助け、乾燥から守ります。

顔につける順番は「化粧水」→「乳液」になります。

化粧水の使い方は、500円玉くらいの量を片方の手のひらに出して、それをこぼさないように両手に広げてそのまま顔にまんべんなくつけるだけです。塗るというよりやさしく押し込む、といった感じです。

乳液は化粧水より少なめの、だいたい100円玉くらいの量を手のひらに出して、両手でのばしてから顔につけます。

化粧水と違ってまんべんなくつける必要はなく、カサつきが気になる場所などに重点的に塗っていく感じです。
乳液を塗った直後は、肌がテカったように見えるかもしれませんが、少しすると落ち着いてきます。

朝の洗顔後になにもつけない場合と、化粧水と乳液でスキンケアした場合、一日過ごして夜を迎えたころには、後者のほうがしっかりと顔の脂が抑えられていることを実感できると思います。

・化粧水のあと少し時間を置いてから乳液をつける

化粧水をつけたあと、びちゃびちゃの状態で乳液をつけると化粧水と混ざってしまい、効果を最大限に出せません。
化粧水をつけたあとは、少し時間をあけてから乳液をつけるようにしましょう。

時間の目安としては3分程度がいいといわれることがありますが、季節や部屋の乾燥度によっても変わってきますし、化粧水をつけたところを指で触ってみて水分がつかないくらい浸透したら、乳液をつけるようにするといいでしょう。

30代、40代にオススメなのは「LUCIDO(ルシード)」

メンズ用化粧水&乳液のオススメは、マンダムの「LUCIDO(ルシード)薬用トータルケア化粧水」と「LUCIDO(ルシード)薬用トータルケア乳液」です。

「40才からの」とパッケージには書かれていますが、もちろん30代でも使えます。無香料でベタつかず、保湿効果のあるコエンザイムQ10が配合されており、防腐剤もフリーです。なおかつお求めやすい価格で、日常使いにも適しています。

乾燥による小じわやシミをケアする大人の男のための薬用化粧水。110ml。

 

ベタつかずテカつかずしっとりと男の肌を整える薬用乳液。100ml。

時間がない方にはオールインワンタイプの「UNO」

本当は化粧水と乳液を別々につけるほうがいいのですが、スキンケアをしている時間を少しでも減らしたい、と考えている方にはオールインワンタイプのスキンケア用品が適しています。

オススメは資生堂の「UNO(ウーノ)スキンケアタンク」です。出しやすいポンプ式で、とろみがあるためこぼれ落ちにくく、使いやすいのが特徴です。

「しっとり(MOIST)」「さっぱり(OIL CONTROL)」「マイルド(MILD)」の三種類がありますが、Wヒアルロン酸配合で、保湿効果の高いしっとりタイプを特にオススメします。ニキビ防止やヒゲ剃り後のスキンケアにも使えるお得な一品です。

この一本で肌のお手入れは完了。Wヒアルロン酸配合の保湿液。160ml。